並行輸入 新車|新型シトロエン ディスパッチ(ジャンピー)バン(2016-)に乗る。日本未導入商用車の概要・スペック・価格情報。

シトロエン ディスパッチ/ジャンピー バン シトロエン/DS
シトロエン ディスパッチ/ジャンピー バン

今回は、フランス・シトロエンのLCV(小型商用バン)、シトロエン ディスパッチ(ジャンピー) バン(CITROEN Dispatch/Jumpy Van)を解説。多くの兄弟車のあるこのモデルの概要・スペック・価格等、並行輸入で乗るための情報をご紹介します。

シトロエン 新型C4 カクタス、新古車 台数限定 特価販売!シトロエン C4 カクタス、新古車 台数限定 特価販売!最上級仕様が今だけ!乗出し360万円~

シトロエン ディスパッチ(ジャンピー)とは

シトロエン ジャンピーバン(左ハンドル仕様)

シトロエン ジャンピーバン(左ハンドル仕様)

欧州市場で商用バンの中心となるLCV。各社このジャンルのモデルをラインアップしていますが、ベースを共用する兄弟車となるモデルが多く、昨今の自動車業界のお家事情や各メーカーの関係性がよく分かるジャンルとも言えます。

今回紹介するディスパッチの初代モデルは1994年、同車の中型LCVとしてデビュー。当時既にミニバンの「ユーロバン」(シトロエン エヴァシオン/プジョー806/フィアット ウリッセ/ランチア ゼータ)でジョイントベンチャーの実績があったプジョーとフィアットに兄弟車があり、プジョー版は「エキスパート(Expert)」、フィアット版は「スクード(Scudo)」と名付けられました。

ディスパッチは仕向地により名前が違い、英国では「ディスパッチ(Dispatch)」、フランスをはじめ左ハンドル圏では「ジャンピー(Jumpy)」と呼ばれています。

2007年にデビューした2代目のトピックは、兄弟車にトヨタ プロエースが追加され4兄弟に。現在販売されているモデルは、2016年にフルモデルチェンジした3代目。この代ではミニバンのノウハウを多く持つトヨタが開発に大きく関与したことで、使い勝手が大きく上がったと言われています。この代では長年兄弟車であったフィアットが抜け、代わりに新たにグループPSA入りしたボクスホール/オペルのヴィヴァーロ(Vivaro)が新たに兄弟車に加わり新たな4兄弟になりました。

ディスパッチは商用バン仕様のみで、乗用モデルはスペースツアラーの名前で販売されています。

シトロエンのLCVとしては、最も小型なネモが(Nemo)販売終了になったため、兄貴分である最大サイズのリレイ(Relay)と弟分で最近モデルチェンジしたばかりのベルランゴ(Berlingo)の間となる真ん中のポジションになります。

ボディサイズは、ホイールベースや荷室により複数設定されていますが、中間のMモデルで全長:4,959mm×全幅:1,920mm×全高:1,899mmと、国産車ではトヨタ ハイエースのワイドモデルや、2019年に突如発表され話題となっている、ボンネットが付いた海外版ハイエースのショートモデルに近いサイズです。

ココがスゴイ!シトロエン ディスパッチ(ジャンピー) バン

シトロエン ディスパッチ(ジャンピー) バンを語るうえで外せないポイントが以下の5つです。

  • ボディタイプはホイールベースや荷室の違いで3種類を用意
  • 商用バンでも高い安全性
  • 2ペダルオートマチックは最新ミッションの8速、EAT8にアップデート
  • ヘビーデューティーな用途に応える仕様も用意
  • 高い積載性と乗員の快適さを両立
高い安全性:高い剛性のボディや、強固なバルクヘッド、衝突被害軽減ブレーキ採用、EuroNCAPでは最高評価の5つ星を獲得など、国産キャブオーバーと比較して安全性は大幅に高いと言えます

シトロエン ディスパッチ(ジャンピー) バン コンセプト動画(約1分20秒)

Citroën Dispatch

スタイリングとインテリア

シトロエン ディスパッチ/ジャンピー バン(リア:XL仕様)

シトロエン ディスパッチ/ジャンピー バン(リア:XL仕様)

  • 兄弟車と各コンポーネントを共有しつつも、最新シトロエンの流れをくむデザイン
  • リアドアは観音開きを標準採用
  • ボディーカラーは全9色
  • モバイルオフィスとしても使えるキャビン空間
  • 機能だけでない、ドライバーズファーストのインテリア

エクステリアのトピックは、デザインは兄弟車と各コンポーネントを共有しつつも、最近のシトロエンの流れを組むデザインで、弟分となる最新のベルランゴバンとの関係性をひと目で感じる仕上がりになっています。

ボディタイプは以下のの3種類が設定されています。

  • ショートのXS(全長:4,609mm)
  • 標準のM(全長:4,959mm)
  • ロングのXL(全長:5,309mm)

リアドアには商用バンには珍しいハンズフリースライドドアが採用され、両手が塞がっていても足のジェスチャーで開閉可能です。貨物仕様となるパネルバンはフルスチール、貨客共用のクルーバンはウィンドウガラスが設定されています。バックドアは観音開きで荷物の積み下ろしがしやすいよう、180度まできっちり開きます。

XSとM/XLの違いはホイールベース。MとXLの違いは荷室長の差になります

インテリアは乗用モデルのスペースツアラーとは異なり、ModuWorkと名付けられたコンセプトのフロント3人がけベンチシートが標準装備されます。ベルランゴ バンの売りの一つであるモジュラーシート「EXTENSO」と同様、助手席を跳ね上げることが可能で最大4mもの長尺物が積載可能になっています(XLの仕様)。

ほかにもアームレスト内蔵のライティングテーブルや、しっかりとした作りのインテリジェントタブレットホルダーをはじめ、充電用USBアウトレットやドライバー側スマートフォンホルダーを装備するなど、ディスパッチのキャビン空間はモバイルオフィスとしても活躍することができそうです。

シートトリムはグレーのクロスもしくはクロス/ビニールのコンビとなり実用一辺倒のものに見えますが、シート自体はドライバーのことを考えたエルゴミカルな設計がされており、業務のための長時間乗車でも疲れづらい、欧州車の美点を持ちあわせています。

インテリジェントタブレットホルダー:最大11インチのものまで対応。アフターマーケットのものと違い、純正ならではのしっかりとした作りです

搭載されるエンジン、燃費とボディタイプ、グレード

ディスパッチ(ジャンピー) バンに搭載されるエンジンはBlueHDiのみ

ボディタイプはXS/M/XLの3種類が設定

ボディタイプはXS/M/XLの3種類が設定

ディスパッチ(ジャンピー) に搭載されるエンジンは1.5Lと2.0Lのディーゼル、BlueHDiのみの設定です。

  • ディーゼル
    1.5L 直4ターボ BlueHDi100 102PS(70kw) /270Nm 6MT※
    1.5L 直4ターボ BlueHDi120 120PS(88kw) /300Nm 6MT※
    2.0L 直4ターボ BlueHDi150 150PS(110kw) /370Nm 6MT
    2.0L 直4ターボ BlueHDi180 177PS(130kw) /400Nm EAT8※
    ※は左ハンドルのジャンピーのみの設定

BlueHDiの排気量は2種類。1.5Lはチューニング違いで100PS版と120PS版の2種類、2.0Lも150PS版と180PS版の2種類が設定されます。どのユニットもアイドリングストップのS&Sは標準装備。

トランスミッションはBlueHDi100/120/150には6速マニュアルが、BlueHDi180には8速のEAT8にアップデートされたオートマチックが設定されます。近年のPSAグループ各モデルが採用するこのEAT8は従来のEAT6に引き続き日本のアイシンAW製のもの。滑らかな変速が魅力との評判です。

また、BlueHDi150仕様は欧州複合燃費で18.8km/Lとドライバーのみならず経営者も納得の低燃費です。英国仕様のディスパッチは現時点でBlueHDi150のみの設定ですが、左ハンドル仕様のジャンピーには全てのユニットが設定されています。

ボディタイプ、グレード構成

ボディタイプは前述のようにXS/M/XLの3種類が設定されます。グレードは英国仕様のディスパッチは充実装備のENTERPRISE PLUSのみですが、左ハンドルのジャンピーにはベーシックなCONTROLをはじめ、往年のシトロエンのグレード名を彷彿させるCLUB、CITYVAN(※)、そして上級グレードのDRIVER、さらにヘビーデューティな用途に応えるプロ仕様のWORKER(※)が設定されています。※はパネルバンのみに設定

ボディタイプとグレード構成の展開は次のようになります。次項と合わせてご覧ください。
※は左ハンドルのジャンピー バンのみに設定

XS M XL
パネルバン CONTROL XS※
CLUB XS※
CITYVAN XS※
ENTERPRISE PLUS M
CONTROL M※
CLUB M※
WORKER M※
DRIVER M※
CONTROL XL※
CLUB XL※
WORKER XL※
DRIVER XL※
クルーバン ENTERPRISE PLUS M
CONTROL M
DRIVER M
CONTROL XL※
CLUB XL※
DRIVER XL※

積載量と荷室空間

  • 最大積載量は1,000kg仕様と1,400kg仕様が設定
  • 最もコンパクトなXS仕様にも最大積載量1,400kg仕様あり
  • ユーロパレットをそのまま飲み込む積載性
  • 助手席を折りたたむことで、さらに長尺物の積載が可能

ディスパッチ(ジャンピー) バンの最大積載量はパネルバンの場合全てのボディタイプに1,400kg仕様が存在し、XSとMには1,000kg仕様も設定されています。最もコンパクトなXS仕様でも1,400kg級の積載量を確保する高い積載能力が魅力です。

ディスパッチ(ジャンピー) バン M仕様の荷室空間は幅:1,628mm(ホイールアーチ間隔:1,258mm)×長さ2,512mm×高さ1,397mmとなっており、欧州で一般的なユーロパレットをフォークリフトでそのまま積み込みが可能です。ほかにもベルランゴバンなどとも同じく助手席を折りたたむことで、最大3,674mmの長尺物まで積載可能です。

歴史とトリビア

シトロエン ディスパッチ(ジャンピー) バン関連の歴史とトリビアを簡単にご紹介します。

  • 仕向地により名前が違う。右ハンドル仕様はディスパッチ/左ハンドル仕様はジャンピー
  • 3代目モデルデビュー時の英国版CMにはWRCシトロエン・レーシングのドライバー、クリス・ミーク/ポール・ナゲルが出演
  • 生産はPSAのフランス・バランシエンヌ工場で生産

ライバル

ライバルには、グループPSAの兄弟車、プジョー エキスパートバン/トヨタ プロエースバン/ボクスホール ヴィヴァーロバンのほかに、欧州バンの代名詞であるフォード トランジット カスタムバン、フォルクスワーゲン T6バン、そしてルノー日産アライアンスのルノー トラフィックバン、日産 NV300バン、そして今後は三菱版も控えていると言われています。これら数多くのライバルがあり、兄弟車から各メーカーの関係性が現れています。

  • プジョー エキスパート バン
  • トヨタ プロエース バン
  • ボクスホール/オペル ヴィーヴァ バン
  • フォード トランジット カスタム バン
  • フォルクスワーゲン T6 トランスポーター バン
  • ルノー トラフィック バン
  • 日産 NV300 バン

ディスパッチ(ジャンピー)バンを日本で乗るなら並行輸入

シトロエン ディスパッチ バン 左からXL仕様、XS仕様、M仕様

シトロエン ディスパッチ バン 左からXL仕様、XS仕様、M仕様

今回紹介したディスパッチ(ジャンピー)は、乗用モデルを含めて今まで日本市場に正規導入された実績はありません。フィアットが以前デュカートの日本市場導入を検討し、キャンピングカーショーで展示したことがありましたが、あくまでもキャンピングカーのベースとしての目的であり、純粋な商用バンとしての導入ではないようです。そのため、ディスパッチのバンを手に入れるには今のところ並行輸入が現実的な選択肢です。

商用車の価格表示について

商用モデルはお客様のご要望がそれぞれ異なること、メーカーの仕様・オプション等が多岐にわたるため、サンプルの価格をご提示していません。個別にご相談の上でお見積りを差し上げます。

カタログ等の仕様表記も複雑なものが多いので、ご不明な点はお気軽にご相談ください。
特にルノー トラフィック、VW T6、PSAグループのモデル、フォード トランジット等は過去に何度もお見積りさせていただいていますので、詳しくご説明できると思います。

右ハンドル・左ハンドル対応!
ウィズトレーディングでは英国(イギリス)をはじめドイツ、フランス、ベルギー他、欧州数か国に対応できるサプライヤーと協力体制を敷いています。英国仕様の右ハンドル車、その他欧州仕様の左ハンドル車もご用意できます。
2019年10月に予定されている消費税10%への増税について
新車を新規オーダーした場合、車両の完成時期・日本到着時期によっては消費税が10%となる場合があります。現地情報により日本到着が明らかに10月以降になる場合はお見積り等を新税制によりご案内させていただきます。新古車・中古車等も同様です。現地の出荷目安が7月下旬以降だと新税制による対応の可能性が高いです。

ディーゼル車をご希望の方へ

参考乗出し価格が掲載されていない場合には、別途お見積りいたしますのでお問合せ下さい。

なお、ディーゼル車を取り巻く環境は年々厳しくなっています。ディーゼルエンジン搭載車をご希望の場合には以下の記事もご覧ください。

画像と動画

掲載している情報は記事公開時におけるものです。現在では仕様変更や一部改良、販売価格の変更等が行われている場合があります。公式サイトやカタログ等をご確認いただき、ご不明な点は遠慮なくご相談ください。