ディーゼル車の排ガス検査について

PSA 新型1.5L ディーゼルエンジン

英国(イギリス)や欧州各国ではディーゼル車の比率が高いのは良く知られるところです。

ウィズカーズをご覧の方の中には日本に正規輸入されないディーゼル車やMT車の並行輸入をご検討中の方も大勢いらっしゃるでしょう。日本でもディーゼル車はマツダの頑張りによって大分、市民権を得てきています。

しかしながら、英国をはじめとする欧州各国では温暖化問題に加えVW等の不正事件を機に脱ディーゼルの動きが活発化しています。代表的な排ガス規制である「Euro6」も「6.2、ステージ2」と呼ばれる、より厳しい規制がスタートし、パワーダウンやミッションの多段化で何とかしているというのが現実です。実は日本への正規輸入モデルの検査もかなり厳しくなっている、との声も届いています。

もちろん、これらの排ガス規制は並行輸入の際の排ガス検査にも影響し、検査をクリアするためにより多くのコストを必要としています。メーカーやエンジンにより異なるものの、70-80万円が最低ラインで100-150万円(近年のガソリン車は30-50万円程)に達するものも珍しくありません。

ウィズカーズを運営するウィズトレーディングでは、既存の排ガスレポートを調達するなど、車両価格の低減に努めておりますが、新型モデル程、仕様やスペックが異なる傾向にあるため、これらは新規に排ガス検査をクリアし排ガスレポートを取得せざるを得ません。

VW ゴルフ ディーゼル

続々と登場する正規輸入車の新型ディーゼルモデルを見ていると???と思われるかもしれません。しかし、現在のディーゼル車を取り巻く環境は確実に厳しくなっています。新規に排ガスレポートを必要とするレアモデル、新型モデルのディーゼル車をご希望のお客様には、100万円前後の排ガスレポート取得費用が必要なことをご承知おきいただきますようお願い申し上げます。

同型車を複数並行輸入する場合は排ガスレポートのコストをシェアできます。ご友人等とのお誘いあわせのご購入も歓迎いたします。
ディーゼル車の真価(特に燃費)が最も発揮できるのは、長距離高速巡航やそれに近い郊外路での定速走行です。使用状況が都市部中心の場合は有り余るトルクでギクシャクしたり、短距離の低速走行が続くと排ガスフィルターが目詰まりを起こす等のデメリットもあります。
近年のガソリン車はターボ化が進み、低回転域から駆動トルクを発生できるようになりました。従来の自然吸気エンジンとは比較にならない程のパフォーマンスを持っています。使用状況が都市部中心という方にはガソリン車のご購入をオススメしています。

ウィズカーズでオススメのモデル・グレードにディーゼル車をほとんど出していないのはこのような背景によるものなのです。

お問い合わせ・ご相談はこちらからどうぞ!(無料)
その他サービスに関するお問い合わせ・ご相談は下記ボタンのお問い合わせページからどうぞ。お電話・メールフォームの他、Facebookページからのメッセージもお受けしております。
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入をフォローする
ウィズカーズ