オススメ並行輸入車・認定中古車|メルセデスベンツ シタン ツアラー ロング 1.2 112 6G-DCT 左ハンドル

並行輸入中古車

こんにちは!

ウィズトレーディング(ウィズカーズ)がご案内する、オススメの並行輸入中古車・新古車。今回ご案内するのは、日本未導入のメルセデスベンツ シタン ツアラー ロング 1.2 112 6G-DCT(Mercedes-Benz Citan Tourer Long 1.2 112 6G-DCT)です。新型カングーとのOEMも既に決定して時期型が楽しみなシタン、現行型の低走行距離を手に入れるのも今のうちです。ドイツ本国仕様左ハンドル、1.2Lターボを搭載した6G-DCT(AT仕様)の認定中古車です。

メルセデスベンツ シタン について

メルセデスベンツ シタンは、ルノーから供給を受けるカングーのOEMモデルです。商用タイプ(バン)と乗用タイプ(ツアラー)があり、カングー同様にロングホイールベース版も存在します。

シャシー・ボディ・エンジン・ミッション等の基本的なコンポーネントの多くをカングーと共有するため外観はほぼカングーと同じですが、フェイス・リアはメルセデスベンツのCIを上手く取り入れており、メルセデスのラインナップとして違和感のない仕上がりです。

また、スイッチ等の操作系もダイヤルが主体のメルセデス流にアレンジされているほか、足回りのセッティングも独市場での使用が考慮され、より高速安定性を重視した仕様に変更されています。

しなやかな乗り味のカングー、高速安定性に優れるメルセデスベンツ。仏独混血のシタンはいい意味で双方の「いいとこどり」をした仕上がりといえるでしょう。

サイズはシタン ツアラー ロングがカングーの乗用標準モデルに相当し、全長4321×全幅1829×全高1809mm、ホイールベースは2697mm。

 

エンジンは1.2L 直4ガソリンターボ(115ps/190Nm)と1.5Lの直4ディーゼルターボ(数仕様あります)。ミッションはMTが基本。ガソリン車にのみAT仕様の6G-DCTが設定されています。これらはルノーの各モデルでも定評のあるエンジン・ミッションです。ちなみにガソリン車の燃費は欧州複合基準で約16.4km/L。

メルセデスオーナーのセカンドカーとして、後席を畳めばちょっとしたビジネス用途としても使えるオススメのモデルです。

 

メルセデスベンツ シタン ツアラー ロング 1.2 112 6G-DCT (独国仕様左ハンドル車)
外形寸法:全長4321×全幅1829×全高1809mm
ホイールベース:2697mm
エンジン:1.2L 直4ガソリンターボ 115ps/190Nm
ミッション:6G-DCT(AT免許可)
ハンドル:左
ドア:5Dr(リア左右スライド)
乗員:5名  年式:2017年
カラー:ダイヤモンドシルバーメタリック
走行距離:約2,900km

 

販売価格は、1ユーロ=120円時の為替レートで

国内乗り出し価格(横浜近郊納車、税・諸費用込):¥3,494,000