並行輸入 ディーラー新車在庫|トヨタ カローラツーリングスポーツ チームドイツ 2.0ハイブリッド 180PS CVT 左ハンドル

並行輸入中古車

こんにちは!

ウィズトレーディング(ウィズカーズ)が今回ご案内するのは、
日本未導入仕様のトヨタ カローラ ツーリング スポーツ(TOYOTA Corolla Touring Sports)です。

取引先のドイツTOYOTAから、ディーラー新車在庫のカローラツーリングスポーツ 2.0ハイブリッド 180PS チームドイツ テクノロジーパッケージ左ハンドルのご案内です。

TOYOTAカローラツーリングスポーツ について

トヨタ カローラ 左からツーリングスポーツ/スポーツ/サルーン

トヨタ カローラ 左からツーリングスポーツ/スポーツ/サルーン

 

ボディタイプにはオーリスに引き続きハッチバックの「スポーツ」と、ワゴンの「ツーリング スポーツ」、そしてセダンの「サルーン」の3種類が設定されています。

並行輸入 新車|新型トヨタ カローラ ツーリング スポーツ(2018-)に乗る。日本未導入ワゴンモデルの概要・スペック・価格・発売予定の派生車種の情報。
2018年に追加された日本未導入のワゴンモデル、トヨタ カローラ ツーリング スポーツ(Toyota Corolla Touring Sports)を解説。概要・スペック・価格・発売予定の派生車種など、並行輸入で乗るための情報をご紹介。

 

 

画像をご覧になってお気づきの通り、今回も日本仕様は欧州や北米版とは違いナローサイズのボディとなっています。

ガソリンエンジンは1.2Lのダウンサイジングターボ。
8NR-FTSと呼ばれるこのユニットは日本のカローラスポーツにも搭載されています。
ハイブリッドは1.8Lと2.0Lの2種類を設定。
1.8Lは日本のカローラ スポーツ、CH-R、プリウスなどにも搭載されるお馴染みの2ZR-FXEと呼ばれるユニットですが、注目は2.0Lのハイブリッドです。

M20A-FXSと呼ばれるこのユニットは、トヨタのTNGAをパワーユニットに初めて取り入れた「Dynamic Forceエンジン」を組み合わせた最新のもので、日本ではカローラスポーツには設定されず、レクサス UXに搭載されています。

燃費は実用に近い新欧州複合で21.4km/Lの低燃費。これは欧州で最近流行りの48Vマイルドハイブリッドではなく、ストロングハイブリッドならではの燃費性能です。

日本仕様も良いですが、ハイパワーな新世代ハイブリッドユニットとなる2.0Lハイブリッドの組み合わせをチョイスしてみませんか?

 

トヨタ カローラツーリングスポーツ チームドイツ 2.0ハイブリッド 180PS CVT 左ハンドル
寸法:【全長×全幅×全高】4,650×1,790×1,435 mm
ホイールベース:2,700mm
エンジン:水冷直列4気筒 DOHC16V VVT-i+電気モーター(MA20A-FXS)1,987cc
ミッション:CVT
ハンドル:左
ドア:5Dr
乗員:5名
カラー:ミスティックシュワルツマイカ(黒M)
テクノロジーパック
・スマートキー
・インテリジェントパーキングアシスタント
・フロントとリアセンサー
・ブラインドスポットセンサー
・RCTAバックアシスタント
・スマート充電
ABS
アダプティブクルーズコントロール
エアサスペンション
シートヒーター
緊急ブレーキ
フォグランプ
ハンドルヒーター
グレアフリーハイビームヘッドライト
ハイビームアシスト
ヒルスタートアシスト
LEDヘッドライト
LEDランニングライト
パドルシフター
スタートストップシステム
タッチスクリーン

 

販売価格は、1ユーロ=120円時の為替レートで

国内乗り出し価格(横浜近郊納車、税・諸費用込):¥4,986,000