並行輸入 新車|セアト アテカ(2020-)に乗る。日本未導入SUVの概要・スペック・価格の情報。

セアト アテカセアト/クプラ
セアト アテカ

日欧問わず人気のジャンルであるSUVは、各社が多くのモデルを市場にリリースしていますが、フォルクスワーゲン(VW)グループのなかでもスペイン発のスポーティなブランドとして展開している「セアト」も例外ではありません。
今回はそのなかでもセアトが最初にSUV市場にリリースしたほか、クプラブランドが独立した際にはスターティングモデルのベースにも選ばれたアテカ(SEAT Ateca)を解説。概要・スペック・価格・並行輸入で乗るための情報を解説します。

セアト アテカとは

セアト アテカ

セアト アテカ

アテカはセアトのCセグメント級のボディサイズをもつSUVです。ボディサイズは全長:4,381mm×全幅:1,841mm×全高1,615 mm(ミラー部分を含まず)と、国産車ではマツダ CX-30やホンダ ヴェゼルに近いサイズです。

現在販売されているモデルは初代モデルにあたり、セアト初のSUVとして2016年にデビューしました。これはデビューに先立ちコンセプトモデルとして公開した「IBXコンセプト(2011年)」や「20V20(2015年)」の市販化と言われており、現在のSUVラインナップでは3列7シーターのタラッコとコンパクトなアローナの間を埋める役割を担っています。
「アテカ」のネーミングはタラッコやアローナと同様にスペインの地名を由来にしており、セアトがスペインの自動車メーカーであることを強く感じさせます。プラットフォームはVWのモジュラープラットフォームである「MQB-A1」を採用し、プラットフォームを共有する車種にはVW T-ROCシュコダ カロックなどがあります。

2018年にはハイパフォーマンスモデル専門ブランドとして「クプラ(CUPRA)」がセアトから独立しましたが、その際に最初のモデルとしてリリースされたのがアテカをベースにした「クプラ アテカ」でした。クプラ アテカについては別途解説記事がありますのでご参照ください。
並行輸入 新車|新型クプラ アテカ(2018-)に乗る。日本未導入高性能SUVの概要・スペック・価格情報。
今回はスペインのVWグループであるセアトから2018年に独立したハイパフォーマンスブランド「クプラ」(CUPRA)初のモデル、高性能SUVのクプラ アテカ(CUPRA Ateca)を採り上げます。概要・スペック・価格等、並行輸入で乗るための情報をご紹介します。

2020年には現在販売されているモデルにフェイスリフトが行われ、エクステリア/インテリアやインフォテイメントシステムなどがアップデートされています。メーカーはアテカを「”ダイナミックな乗り味””軽快な足回り””正確なハンドリング”を与えた一台である」とコメントしています。市場ではデビュー直後から好調なセールスを記録し、フェイスリフト前までの時点で30万台以上の販売実績を記録しています。

日本市場には現時点でセアトブランドが展開されていないため、アテカが正規導入された実績はありません

セアト アテカ 紹介動画(約40秒)

ココがスゴイ!セアト アテカ

セアト アテカを語るうえで外せないポイントが以下の5つです。

  • クプラ仕様のベースにもなった素性のよさ
  • 内外装をはじめフェイスリフトでアップデート
  • 最新のインフォテイメントシステムを採用
  • 一部仕様にはAWDの4driveが設定
  • スポーティな装いのFR仕様の設定

スタイリングとインテリア

  • SUVとしての力強さと都会的なシャープさをもつエクステリア
  • 新意匠のフロント/リアバンパーなどを採用
  • 各所のパーツの仕上がりにより質感が向上したインテリア
  • 仕様に合わせたシート形状および表皮の設定

エクステリアで目を引くのは、流れるようなラインと力強いラインが融合したデザインではないでしょうか。SUVとしての力強さと、都会的なシャープさやスポーティさを併せ持ちセアトのブランドイメージをうまく体現したアテカの大きな美点と言えるでしょう。フェイスリフトではこの美点を継承し、三角形をベースにした形で囲んだ印象的なデイタイムランニングライトを組み込んだフルLEDヘッドライトやLEDリアランプを採用したほか、フロントグリルやフロント/リアバンパーは新たにデザインされました。これにより全長が従来モデルと比べて18mm延長されましたが全高および全幅には変更ありません。加えてこのタイミングで車名ロゴのエンブレムも「ATECA」から最新のレオンなどと同様に流れるような書体の「Ateca」に変更されています。

独立ブランド化されたクプラとは別にセアトには各モデルに設定されるスポーティ仕様の「FR(FormulaRacing)」がありますが、アテカにも設定されています。フォグランプやモールディング、ドアミラー部分やエクゾースト回りなど専用パーツが与えられており、オーナーのスポーツマインドを刺激する仕様です。

フェイスリフトではアルミホイールも新デザインにアップデート。16インチから最大19インチブラックアルミホイールが設定されています

インテリアもエクステリアと同様にフェイスリフトでアップデートされました。エアベント、ギアレバー、インフォテイメントシステム周囲などをマットな仕上げにすることで質感が向上したほか、マルチカラーのアンビエントライティングを採用し室内の雰囲気をオーナーの好みに合わせて演出できます。
シートは掛け心地のよいコンフォートシートが設定されており、さらにFR仕様には専用形状のスポーツシートが設定されます。シート地もファブリックをはじめ、マイクロスエード、ステッチ入りレザーなどが仕様に合わせて組み合わされます。

インフォテイメントシステムは最新のFullLinkを採用。最大9.2インチのタッチスクリーンが組み合わされ、AppleCarPlay(一部仕様はワイヤレス対応)/AndroidAutoでの連携が選択できるほか、スマートフォン充電も可能なUSB Type-Cポートや一部仕様にはワイヤレス充電も選択可能です。デジタルメーターについても高解像度の大画面10.25インチのものが仕様によって設定されます。

搭載されるエンジンと燃費

パワーユニットは、ガソリンとディーゼルの設定です。

アクティブシリンダーテクノロジー(ACT)を搭載した1.5L TSIユニット

アクティブシリンダーテクノロジー(ACT)を搭載した1.5L TSIユニット

  • ガソリン
    1.0L 直3ターボ TSI 110PS(81kw)/200Nm
    1.5L 直4ターボ TSI 150PS(110kw)/250Nm
  • ディーゼル
    2.0L 直4ターボ TDI 115PS(85kw)/300Nm(右ハンドル英国仕様のみ)
    2.0L 直4ターボ TDI 150PS(110kw)/340Nm(DSG仕様は360Nm)

ガソリンユニットは、1.0Lの直3ターボ/1.5Lの直4ターボの2種類のTSIが設定されます。1.0LはVWグループの多くの車種に設定されるユニットでミラーサイクル燃焼プロセスと可変ジオメトリターボチャージャーを採用することで、小排気量でも十分な出力と高効率を実現しています。1.5Lはライトサイジングのコンセプトを適用するほか、アクティブシリンダーテクノロジー(ACT)を搭載しており、低負荷時は2気筒分を休止することで燃料消費を抑えます。燃費性能は1.5L(DSG仕様)の欧州複合で15.6km/Lです。ディーゼルは2.0L直4ターボのTDIで115PSと150PSの2種類のチューニングがありますが、115PSは右ハンドル英国仕様にのみ設定されています。

駆動方式はFFを基本に右ハンドル英国仕様のディーゼル150PS仕様にAWDの4Driveが設定されています。トランスミッションは6速MTを中心に、ガソリン1.5Lとディーゼルの150PS仕様に2ペダルの7速DSGが設定されています。

走行性能とハンドリング

サスペンションはフロント:マクファーソンストラット、リア:トーションビームを採用しており兄弟車と同じ構成です。AWD仕様の4DriveはVWの4Motionに相当するシステムで天候や路面状況に問わず安定した走りと悪路での高い走破性を提供します。このほか一部の仕様には路面状況によりドライバーが任意でプロファイルを選択できるSEATドライブプロファイルが設定されるなどスポーティなブランドイメージに沿った走りを提供します。

スポーティなブランドイメージに沿った走りを提供します

スポーティなブランドイメージに沿った走りを提供します

安全機能については予測適応型クルーズコントロールのほか、側方/出口サポートおよび衝突被害軽減ブレーキが連携し乗員を保護します。

サイズとスペック


●寸法・重量
【全長×全幅×全高】4,381×1,841×1,615 mm(ミラー部分を含まず)
【ホイールベース】2,638mm 【トレッド】前/後:1,576 / 1,541mm
【車両重量】1,418 kg
●エンジン
【構成】水冷直列4気筒ターボ DOHC16V フロント横置き
【総排気量】1,498cc 【直径×内径】 74.5×85.9mm 【圧縮比】10.5:1
【最高出力】150ps(110kw)/5,000-6,000rpm 【最大トルク】250Nm/1,500-4,000rpm
【燃料容量】-L
●駆動系
【駆動方式】FF 【トランスミッション】7DSG
【サスペンション】(前)マクファーソンストラット / (後)トーションビーム
【ブレーキ】(前)ベンチレーテッドディスク / (後)ディスク
【タイヤ】(前後)-
●パフォーマンス
【最高速度】202km/h 【0-100km/h加速】9.0秒
【燃費】約15.6km/L(新欧州複合基準)【価格】欧州仕様 2023モデル:€34,390

歴史とトリビア

セアト アテカ関連の歴史とトリビアを簡単にご紹介します。

  • コンセプトカーのIBXコンセプトおよびSEAT20V20の市販化
  • セアト初のSUVモデル
  • プラットフォームを共有する兄弟車にはVW T-ROCなどがある
  • クプラブランド独立後初のモデルはアテカのクプラ仕様
  • フェイスリフトまでに30万台以上の販売実績

ライバル

アテカが属するCセグメント級のボディサイズをもつSUVは、欧州メーカー以外に国産メーカーも多くのモデルをリリースする人気のジャンルです。そのなかでプラットフォームを共有する兄弟車以外のライバルとして、ルノー アルカナやアルファロメオ トナーレなどスポーティなイメージがあるモデルを挙げます。

並行輸入するなら。オススメのグレードと価格情報

セアト初のSUVとなったアテカですが、セアトブランドが現状日本で展開されていないため、正規導入される可能性は残念ながら低いと予想されます。そのため、確実に手に入れるなら並行輸入がおすすめです。アテカのグレード構成は以下の通りです。現在左ハンドル欧州仕様および右ハンドル英国仕様共に設定されています。

グレード構成(左ハンドル欧州仕様)

  • Reference
    16インチアルミホイール、フルLEDヘッドライト、LEDリアライト、レザーマルチファンクションステアリングホイール、マニュアルエアコン、8インチフルデジタルメーター、マルチファンクションディスプレイ、4スピーカー、フロントUSB Type-Cポート×2、ヒルスタートアシスト、電子制御式ディファレンシャルロック(XDS)などが装備
  • Style
    (Referenceに対して)17インチアルミホイール、電動格納ヒーテッドドアミラー、助手席高さ調整機能付きシート、オートエアコン、8スピーカー、クルーズコントロール、リアパーキングエイド、後席USB Type-C充電ポート×2などが装備
  • Xperience
    (Styleに対して)18インチPerformanceIアルミホイール、シルバールーフレール、クロームトリム、ダークティンテッドリアウィンドウ、アンビエントライティング、リアビューカメラ、キーレスロック&スタートシステム、SEATドライブプロファイルなどが装備
  • FR
    (Styleに対して)18インチPerformanceIIIアルミホイール、ブラックルーフレール、テールゲートのFRレタリング、ダークティンテッドリアウィンドウ、スポーツペダル、アンビエントライティング、リアビューカメラ、キーレスロック&スタートシステム、SEATドライブプロファイルなどが装備

グレード構成(右ハンドル英国仕様)

  • SE
    17インチアルミホイール、ブラックルーフレール、8.25インチタッチスクリーン+ワイヤレスFullLink、スマートフォンワイヤレス充電、8インチデジタルコックピット、キーレスエントリー、クルーズコントロール、パークアシストなどが装備
  • SE Technorogy
    (SEに対して)18インチアルミホイール、クロームルーフレール、クロームウィンドウトリム、9.2インチタッチスクリーンなどが装備
  • Xperience
    (SE Technorogyに対して)18インチブリリアントシルバーアルミホイール、ダークリアウインドウ、マルチカラーアンビエントライティング&LEDイルミネーション、コンビニエンスパック(オートライトやオートワイパーなど)、SEATドライブプロファイル、リアビューカメラなどが装備
  • Xprience Lux
    (Xperienceに対して)19インチアルミホイール、10インチデジタルコックピット、ヒーテッド機能付きレザーシート、電動テールゲート、トップビューカメラなどが装備
  • FR
    (SE Technorogyに対して)18インチブリリアントシルバーアルミホイール、リアスポイラー、ツインエクゾーストパイプ、ブラックダイナミカフロントコンフォートシート、マルチカラーアンビエントライティング&LEDイルミネーション、SEATドライブプロファイルなどが装備
  • FR Sport
    (FRに対して)19インチアルミホイール、ヒーテッド機能付き電動レザーシート、10インチデジタルコックピットなどが装備
  • FR BlackEdition
    (FR Sportに対して)19インチブラックアルミホイール、ブラックスタイリングルーフレール/ウィンドウトリム、電動テールゲート、BeatsAudioプレミアムサウンドシステム、リアビューカメラなどが装備

アテカのオススメは、左ハンドル欧州仕様のStyleにガソリン1.5L TSIと7速DSGの組み合わせです。これは装備が充実した左ハンドル欧州仕様のStyleグレードに、燃費性能もよい1.5L TSIとオートマチック限定免許のユーザーでも運転可能なDSGは、アテカの魅力を多くの方に味わって頂けるチョイスです。ブランドと同様、スポーティさが魅力のひとつでもあるアテカですので、より積極的にドライビングを楽しまれたいユーザーなら同じ1.5L TSIでも6MTの組み合わせや、スポーツマインドを高めるFRグレードのチョイスもよいですし、SUVとしての走破性の高さを求められるなら右ハンドル英国仕様に設定される4Drive(AWD)仕様もよいでしょう。多くのライバルがあり、日本にも兄弟車となるVW T-ROCが上陸していますが、これらとはまたひと味違うスペイン発のラテン要素を含んだこのSUVを欧州現地からお取り寄せしてみませんか。

  • セアト アテカ Style 1.5TSI 7DSG(左ハンドル欧州仕様)
  • セアト アテカ SE Technorogy 1.5TSI 6MT(右ハンドル英国仕様)
  • セアト アテカ FR 1.5TSI 6MT(左ハンドル欧州仕様)
ひと味違うスペイン発のラテン要素を含んだSUVです

ひと味違うスペイン発のラテン要素を含んだSUVです

ほかにも右ハンドル英国仕様をはじめ、低燃費な1.0L TSIや上級仕様のXperienceグレード、右ハンドル英国仕様に設定されるAWDの4Drive仕様など各仕様を並行輸入可能です。そしてさらにハイパフォーマンスなアテカをお求めならスペイン発のハイパフォーマンスブランド「クプラ」が手掛ける激辛モデルの「クプラ アテカ」も並行輸入可能ですので、お気軽にお問合せください。

クプラが手掛ける激辛ハイパフォーマンスモデルの「クプラ アテカ」も並行輸入可能です

クプラが手掛ける激辛ハイパフォーマンスモデルの「クプラ アテカ」も並行輸入可能です

セアト アテカを並行輸入した場合の国内乗り出し価格例
(€1=145/£1=175円時・現地値引き交渉前)
セアト アテカ Style 1.5TSI 7DSG(左ハンドル欧州仕様)
現地値引き交渉前価格:€34,390)\6,897,000
セアト アテカ SE Technorogy 1.5TSI 6MT(右ハンドル英国仕様)
現地値引き交渉前価格:£30,100)\7,340,000
セアト アテカ FR 1.5TSI 6MT(左ハンドル欧州仕様)
現地値引き交渉前価格:€34,890)\6,979,000

英国仕様右ハンドル車を横浜近郊に納車した場合の乗出し価格(2年保証付)例です。
オプション装備、有償カラー料金、他地域への納車費用は別途となります。
特殊な地域以外は全国納車対応いたします。
右ハンドル・左ハンドル対応!
ウィズトレーディングでは英国(イギリス)をはじめドイツ、フランス、ベルギー他、欧州数か国に対応できるサプライヤーと協力体制を敷いています。英国仕様の右ハンドル車、その他欧州仕様の左ハンドル車もご用意できます。

掲載価格について(為替差益、現地ディスカウント還元!)

※ウィズトレーディングでは参考乗り出し価格例として新車、中古車は掲載時の為替レートで表記しておりますが、お見積り等はご依頼時点の為替レートを適用、差益分があれば還元させていただきます。

また、欧州各国の仕入れ先はディーラーとの価格交渉も頑張っております。これらのディスカウントも当然、皆様へのご提案価格へ反映させていただきます。

現地との綿密な相談による「正確さと速さ」をモットーにしています

海外では仕様・オプション等の位置づけが日本の慣習と異なることも多く、並行輸入では注意が必要です。新車・中古車共にご納得のできる仕様を確実にご納車出来るように、時差を考慮しつつ、仕入れ先とは何度も仕様確認や質問事項をやり取りしており、正確さと速さをモットーに務めております。

輸送について(海上輸送・航空輸送)
欧州各国からの輸送は、基本的にコンテナ船による海上輸送になります。ウィズトレーディングでは輸送時のキズ、錆の発生等のトラブルを防止するためコンテナ詰めの車両輸送が原則。輸送期間は欧州(英国)からの場合で40日前後(経由地等により変動)です。また、昨今では世界的なコンテナ不足の為にコンテナ輸送価格の高騰や、確保が難しくなっております。お客さまへ少しでも早く、安全にお届けする為に車両運搬船(船会社を指定し、安全を重視)を利用する事も御座います。 更には、納期最優先という方には航空便輸送も手配いたします。(コストは相応にかかります。時期により価格が異なるために都度、契約会社への見積もり)輸出手続き終了後、2-3日で日本に到着します。

画像と動画

掲載している情報は記事公開時におけるものです。現在では仕様変更や一部改良、販売価格の変更等が行われている場合があります。公式サイトやカタログ等をご確認いただき、ご不明な点は遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

お電話か下記のフォームから必要事項をご記入いただきお問い合わせ下さい。
通常は2-3営業日でご連絡を差し上げますが、海外とのやり取りが必要な場合等、お時間のかかる案件の場合にはその旨ご連絡いたします。
また、お問い合わせ内容によってはご回答を見合わせていただく場合がありますのでご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

050-3554-1890
受付時間:10:00〜19:00
担当:宮崎(ミヤザキ)

メールでのお問い合わせ


    新車・中古車のご相談カスタム・パーツのご相談整備・修理のご相談板金塗装・修理のご相談車検のご相談保険等のご相談その他のご相談

    ※送信ボタンを押すとすぐに送信されます。記入事項にお間違いの無いよう、今一度ご確認ください。


    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and
    Terms of Service apply.

    セアト/クプラ
    スポンサーリンク
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    最新情報をお届けします。
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入をフォローする
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入