並行輸入 新車|フォルクスワーゲン キャディ(2020-)に乗る。日本未導入MPVモデルの概要・スペック・価格の情報。

フォルクスワーゲン キャディ フォルクスワーゲン
フォルクスワーゲン キャディ

日本でもファンが多いルノー カングーをはじめ、シトロエン ベルランゴプジョー リフターのショートボディの正規導入が決まり盛り上がりを見せつつある欧州LCVベースのMPV市場ですが、前述の車種のロングボディという選択肢の他にも日本に導入されていない実力派モデルが満を持してフルモデルチェンジしました。

今回はフォルクスワーゲンのLCVベースMPV、新型キャディ(VOLKSWAGEN Caddy)を解説。概要・スペック・価格・並行輸入で乗るための情報を解説します。

新型キャディは2020年10月時点で、欧州左ハンドル市場から順次発売開始になっています。これからパワーユニットや駆動方式、オートマミッションなどが今後追加される可能性がありますので、順次当ページを更新致します。

フォルクスワーゲン キャディとは

フォルクスワーゲン キャディ

フォルクスワーゲン キャディ

フォルクスワーゲン キャディは、フォルクスワーゲンのLCVベースのMPVです。ボディサイズは、全長:4,500mm×全幅:1,855mm×全高:1,834mmと、国産車では日産 NV200バネットに近く、欧州車ではカングーより少し大きめなサイズになります。

新型キャディ2020年にフルモデルチェンジし、メーカー自身は5代目モデルとしています。しかし、2010年に登場した先代モデル(4代目)が3代目のビッグマイナーチェンジに相当するものであったため、事実上3代目がデビューした2003年以来、17年ぶりのフルモデルチェンジとなりました。初代モデルは1980年代、ハッチバックのゴルフをベースとした小型ピックアップからスタートし、Bピラー以降を箱型の荷室にしたフルゴネット、そしてスライドドアを備えたモノスペースのトールワゴン型と変遷してきました。

キャディのバリエーションは大きく分けて3種類。商用用途のパネルバン、乗用用途のワゴン、そしてキャンパー架装が施されたカリフォルニアがあります。ボディタイプは、現時点ではノーマルホイールベースから発売開始されていますが、従来モデルにラインナップされていたロングホイールベースのマキシ仕様も今後追加される可能性が高そうです。

日本市場には、初代モデル以降正規で導入された実績はありません。

フォルクスワーゲン キャディ コンセプト紹介動画(約50秒)

Work Life Unlimited – Der neue Caddy5 | Volkswagen Nutzfahrzeuge

ココがスゴイ!フォルクスワーゲン キャディ

フォルクスワーゲン キャディを語るうえで外せないポイントが以下の5つです。

  • 17年ぶりのフルモデルチェンジ。各部が最新化
  • キャディ初のMQBプラットフォームの採用
  • デジタル化を推進
  • LCVならではの堅牢さ
  • 新型モデルもキャンパー仕様を設定

スタイリングとインテリア

  • 最新VWのテイストを盛り込んだデザイン
  • 従来モデルから空力特性が向上
  • LCVベースではで出色のインテリアの質感
  • 7シーター仕様も選択可能

ボディサイズは従来モデルより全長・全幅は拡大され一回り大きくなった一方、ルーフは従来モデルより低くなり空力性能が向上しました。これは燃費性能の向上にも寄与しています。デザインは最新のゴルフを彷彿される雰囲気で、最近のVWのデザインテイストが盛り込まれています。サイドを走る彫りの深いキャラクターラインやフェンダーアーチは、平面になりがちなLCVのなかでも躍動感に満ちています。そして印象的なのはリアセクション。大きなガラスパネルのテールゲートはどのライバルにも似ていません。
ほかにもキャディでは初となるフルLEDテクノロジーを採用したヘッドランプ/リアランプや、パワースライドドア、パワーテールゲートの採用など従来モデルより装備が充実しています。

ホイールは16インチから、オプションで18インチまで設定。

インテリアはフルモデルチェンジで大きく進化したポイントのひとつ。新たに採用された10インチの大画面タッチスクリーンを中心とした立体的な造形のインパネを含んだインテリアをメーカーは「Innovision Cockpit」と呼んでいます。質感も高くLCVとしては出色の出来栄えです。今回のフルモデルチェンジでは、デジタル化推進の一つとして、フルデジタルメーターの初採用をはじめ、インフォテインメントシステムは最新のものにアップデート。車両管理機能のあるスマートフォンアプリや、コネクテッド機能の「We Connect」を使用可能です。

シートは2列5人乗りが標準設定されており、全ての仕様に3列7シーター仕様となる7シーターパックがオプションで選択可能です。室内空間も広くバン仕様はユーロパレットを軽々飲み込むぐらいのため、乗用仕様でも抜群のユーティリティ性を備えています。

搭載されるエンジンと燃費

パワーユニットは、ディーゼルのみ設定。

  • ディーゼル
    2.0L 直4 ディーゼルターボ TDI 102PS (75kw)/280Nm
    2.0L 直4 ディーゼルターボ TDI 122PS (90kw)/320Nm

現時点(2020年10月)ではTDIディーゼルのみの設定で、2.0Lターボに2種類のチューニングが設定されています。2つのSCR触媒コンバーターとAdBlueを採用した次世代TDIユニットは環境性能も向上。最新のEuro6Dをクリアし、燃費性能は122PS仕様の欧州複合で20.4km/Lの低燃費です。現在はディーゼルのみの設定ですが、今後ガソリンのTSIユニットが追加される可能性も高そうです。

駆動方式はFF。トランスミッションは現時点で6MTのみの設定ですが、こちらもパワーユニット同様、従来モデルに設定があったDSGの追加も可能性が高そうです。

走行性能とハンドリング

サスペンションはフロント:マクファーソン・ストラット、リア:トーションビームを採用。従来モデルと同じ構成ですが、ホイールベース拡大により走行安定性が向上されていると現地では評価されています。キャディはLCVをベースとするため、長距離・長時間走行でも疲れづらい運転環境を乗用モデルでも提供します。ほかにも今回のモデルチェンジでは安全性能も大きく進化、19種類ものドライバーアシスト機能が新たに採用されました。

サイズとスペック


●寸法・重量
【全長×全幅×全高】4,500×1,855×1,834 mm
【ホイールベース】2,755mm 【トレッド】前/後:- / -mm
【車両重量 -kg
●エンジン
【構成】水冷直列4気筒自然吸気 DOHC16Vターボ フロント横置 気筒休止機構付
【総排気量】1,968cc 【直径×内径】-×-mm 【圧縮比】-:1
【最高出力】122ps(90kw)/2750-4400rpm 【最大トルク】320Nm/1600-2500rpm
【燃料容量】-L
●駆動系
【駆動方式】FF 【トランスミッション】6MT
【サスペンション】(前)マクファーソンストラット / (後)トーションビーム
【ブレーキ】(前)ベンチレーテッドディスク / (後)ディスク
【タイヤ】(前後)215/55R17
●パフォーマンス
【最高速度】176km/h 【0-100km/h加速】13.9秒
【燃費】約15.8km/L(新欧州複合基準)【価格】欧州仕様 2020モデル:€37,446

歴史とトリビア

フォルクスワーゲン キャディ関連の歴史とトリビアを簡単にご紹介します。

  • 全世界で300万台以上の販売実績があるベストセラー車
  • 初代モデルはゴルフI(初代)ベースのピックアップトラック
  • 2代目モデルはBピラー以降を箱型にしたフルゴネットが追加
  • 3代目モデルではAWDの4Motion仕様が追加
  • 3代目モデルは4代目に相当するモデルも含め2回デザインを変更

ライバル

日本でも人気のルノー カングーをはじめ、トヨタ プロエース・シティ ヴァーソを含むPSAグループのシトロエン ベルランゴ4兄弟や、老舗LCVのフォード トランジット コネクトなど欧州LCVベースのMPVはホットな市場と言えるでしょう。キャディに続きカングーも間もなくモデルチェンジと言われているので、今後はより熾烈な戦いとなりそうです。

並行輸入するなら。オススメのグレードと価格情報

カングー、ベルランゴ、リフターと欧州LCVはどれも日本で好調のため、キャディも支持を得られそうですが、初代モデルから一貫して日本に正規導入された実績はありません。そのため確実に手に入れるなら並行輸入が確実な方法です。
新型キャディのグレード構成は以下の通りです。現時点では欧州左ハンドル仕様から販売開始されており、右ハンドルの英国仕様も順次発売開始されると予想されます。

グレード構成(左ハンドル欧州仕様)

  • Kombi
    16インチアルミホイール、ボディ同色バンパー、クルーズコントロール、LEDデイタイムランニングライトなどが装備
  • Caddy
    17インチアルミホイール、オートLEDヘッドライト/リアライト、デジタルコックピット、パーキングアシスト、キーレスゴー、「Air Care Climatronic」オートエアコンなどが装備
  • Life
    17インチアルミホイール、フルカラード前後バンパー、各所のクロームパーツ、「ArtVelours」マイクロフリースのシートセンターパネル、レザー調のサイドパネルなどが装備
  • Move
    ダークグラファイト17インチアルミホイール、プライバシーガラス、パワーテールゲート、パワースライドドア、パノラミックルーフ、レザーステアリング/シフトノブなどが装備
  • Style
    17インチアルミホイール、ルーフレールをはじめとする追加クロームパーツ、デジタルコックピット、パーキングアシスト、キーレスゴー、「Air Care Climatronic」オートエアコンなどが装備
  • Kombi “EcoProfi”
    12ボルトソケット×2、助手席のLED読書灯、フロントパワーウィンドウ、マルチファンクションステアリングなどが装備

従来モデルはキャディの乗用ワゴンモデルを「キャディ・ライフ」とネーミングされていましたが、今回のフルモデルチェンジで「Life」はひとつのグレード名になりました。

そのなかでもおすすめは、Styleの122PS仕様の2.0TDIとMTの組み合わせに、7シーターパックの組み合わせです。これは装備の充実したStyleグレードに、運転を積極的に楽しむハイパワーユニットにMTの組み合わせ。そして日本仕様のカングーやベルランゴなどでは選択ができない3列7シーター仕様は、ミニバン的な使い方も可能です。多くのアイテムを積み込んでアクティブな毎日を送れそうな新型キャディをいち早く手に入れてみませんか?

  • Volkswagen Caddy Style 2.0TDI 90Kw Manual(7シーターパック付き)(左ハンドル欧州仕様)
  • Volkswagen Caddy Kombi 2.0TDI 75Kw Manual(5シーター)左ハンドル欧州仕様)
フォルクスワーゲン キャディ

フォルクスワーゲン キャディ

ほかにもベーシックな仕様および商用用途のパネルバンも並行輸入できます。合わせて右ハンドル英国仕様がご希望の方は発売開始情報が入り次第ご連絡致しますので、お気軽にお問い合わせください。

フォルクスワーゲン キャディを並行輸入した場合の国内乗り出し価格例
(€1=125円時・現地値引き交渉前)
Volkswagen Caddy Style 2.0TDI 90Kw Manual(7シーターパック付き)
現地値引き交渉前価格:€34,776)\6,446,000⇒新発売記念特価(お問合せ下さい。)
Volkswagen Caddy Kombi 2.0TDI 75Kw Manual(5シーター)
現地値引き交渉前価格:€27,207)\5,342,000⇒新発売記念特価(お問合せ下さい。)

英国仕様右ハンドル車を横浜近郊に納車した場合の乗出し価格(2年保証付)例です。
オプション装備、有償カラー料金、他地域への納車費用は別途となります。
特殊な地域以外は全国納車対応いたします。
右ハンドル・左ハンドル対応!
ウィズトレーディングでは英国(イギリス)をはじめドイツ、フランス、ベルギー他、欧州数か国に対応できるサプライヤーと協力体制を敷いています。英国仕様の右ハンドル車、その他欧州仕様の左ハンドル車もご用意できます。

掲載価格について(為替差益、現地ディスカウント還元!)

※ウィズトレーディングでは参考乗り出し価格例として新車、中古車は掲載時の為替レートで表記しておりますが、お見積り等はご依頼時点の為替レートを適用、差益分があれば還元させていただきます。

また、欧州各国の仕入れ先はディーラーとの価格交渉も頑張っております。これらのディスカウントも当然、皆様へのご提案価格へ反映させていただきます。

現地との綿密な相談による「正確さと速さ」をモットーにしています

海外では仕様・オプション等の位置づけが日本の慣習と異なることも多く、並行輸入では注意が必要です。新車・中古車共にご納得のできる仕様を確実にご納車出来るように、時差を考慮しつつ、仕入れ先とは何度も仕様確認や質問事項をやり取りしており、正確さと速さをモットーに務めております。

間もなく発売開始予定。キャンパー仕様のキャディ・カリフォルニアも並行輸入可能です。

フォルクスワーゲン キャディ・カリフォルニア

フォルクスワーゲン キャディ・カリフォルニア

今回紹介した乗用仕様に加え、キャディにキャンパー装備を架装したメーカー純正キャンパー「キャディ・カリフォルニア」が間もなく発売予定です。1,980mm×1,070mmの広々としたベットをはじめ、引き出し式となるキッチンや、バックドアと繋がる自立型リアテントなど、長年キャンパーモデルをラインナップし続けたフォルクスワーゲンならではのアイテムが装備されます。定番欧州キャンパーのT6.1カリフォルニアよりもコンパクトなキャンパーをご希望の方は、いち早く並行輸入しますのでお気軽にお問い合わせください。

画像と動画

掲載している情報は記事公開時におけるものです。現在では仕様変更や一部改良、販売価格の変更等が行われている場合があります。公式サイトやカタログ等をご確認いただき、ご不明な点は遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

お電話か下記のフォームから必要事項をご記入いただきお問い合わせ下さい。
通常は2-3営業日でご連絡を差し上げますが、海外とのやり取りが必要な場合等、お時間のかかる案件の場合にはその旨ご連絡いたします。
また、お問い合わせ内容によってはご回答を見合わせていただく場合がありますのでご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

045-594-7854
受付時間:10:00〜19:00
担当:宮崎(ミヤザキ)

メールでのお問い合わせ


新車・中古車のご相談カスタム・パーツのご相談整備・修理のご相談板金塗装・修理のご相談車検のご相談保険等のご相談その他のご相談

※送信ボタンを押すとすぐに送信されます。記入事項にお間違いの無いよう、今一度ご確認ください。

フォルクスワーゲン
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入をフォローする
ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入