オススメ並行輸入車 ディーラー新車在庫|シュコダ コディアック2.0 TSI Laurin&Klement DSG 4WD 5dr 7シート 右ハンドル

並行輸入中古車

こんにちは!
日本ではあまり馴染みがないチェコの自動車メーカー「シュコダ」が、新たに「ニュルブルクリンク最速の7シーターSUV」の称号を手にしました。
今回はシュコダのフラッグシップSUV「コディアック」(SKODA Kodiaq)のシュコダの起源を冠した最高級グレードL&K(Laurin&Klement)英国新車在庫です。

今回ご案内するシュコダ コディアック について

シュコダ コディアックは、チェコのフォルクスワーゲン(以下VW)系自動車メーカーであるシュコダのフラッグシップSUVで3列シート・7人乗り仕様を中心に展開されています。
大きさは全長:4,699mm×全幅:1,882mm×全高:1,664mm。国産7シーターSUVの人気モデル「マツダ CX-8」に比べ、若干コンパクトなサイズになります。

プラットフォームにはVWのモジュラープラットフォーム「MQB」を採用しており、兄弟車としてティグアン オールスペース等があります。

現在販売されているのは2018年に小変更されたモデルで、パワーユニットが環境基準に対応した新ユニットにアップデートされたのに加え、以前から登場が噂されていたハイパフォーマンスモデルの「vRS/RS(以下vRS)」が追加されました。
シュコダのハイパフォーマンスモデルにのみ与えられるvRSの名前を冠したモデルは、ニュルブルクリンクを9分29秒86という記録を叩き出し、7シーターSUV最速の称号も得ています。

シュコダ コディアックは新車記事をご用意していますので、是非そちらもご一読ください。

並行輸入 新車|シュコダ コディアック(2018-)に乗る。日本未導入ハイパフォーマンスSUVの概要・スペック・価格の情報。
日本未導入の3列シート7人乗りSUV、シュコダ コディアック(SKODA KODIAQ)をハイパフォーマンスモデルの「vRS/RS」を中心に解説。概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介。

 

今回ご紹介させていただくのは、最高級グレードのL&K(Laurin&Klement)英国新車在庫です。
L&K(Laurin&Klement)とは、シュコダの創業者ヴァーツラフ・ラウリン(Laurin)とクレメント(Klement)の頭文字を取ったものでコディアックをはじめ現在ではフラッグシップのシュパーブにも設定されています。

シュコダ コディアック2.0 TSI Laurin&Klement
年式:ディーラー新車在庫
走行距離:15Km
色:クォーツグレーメタリック
エンジン:2.0L 直4 ターボ TSI 190PS(139kw)/320Nm
ハンドル:右ハンドル
駆動・ミッション:AWD・7DSG
ドア:5ドア
乗員:7名
【全長×全幅×全高】4,699×1,882×1,664 mm

 

装備品等一覧
歩行者モニター付フロントアシスト
ヘッドライトワッシャー
リアLEDライト
フロントパーキングセンサー
LEDフロントフォグライト&コーナリングライト
フロントシートヒーター
ハイビームアシスト
コンフォートバンパー
19インチホイール
アダプティブフロントライトシステム
LEDデイタイムランニングライト
LEDヘッドライト
ドライブモード
9.2インチタッチスクリーンディスプレイ
アルミペダル
テキスタイルフロアマット
LEDインテリアライトパック
電動調整式フロントシート
レーンアシスト&ブラインドスポット
クルーズコントロール
Bluetooth®およびSmartLink
タイヤ空気圧監視システム
プライバシーガラス
パノラマサンルーフ
レザーのシートトリムカバー
CANTONサウンドシステム

1£=135円時の為替レートで
国内乗り出し価格(横浜近郊納車、税・諸費用込):¥6,882,000

でご案内可能です。全国納車(陸送費別途)も承ります。日本に無いモデル・カラー・仕様、拘ってみませんか?

※他色・左右ハンドル・新車・新古車・同程度中古車も輸入可能です。お問い合わせ・お見積り等、お気軽にご相談下さい。

掲載価格について(為替差益、現地ディスカウント還元!)

※ウィズトレーディングでは参考乗り出し価格例として新車、中古車は掲載時の為替レートで表記しておりますが、お見積り等はご依頼時点の為替レートを適用、差益分があれば還元させていただきます。

また、欧州各国の仕入れ先はディーラーとの価格交渉も頑張っております。これらのディスカウントも当然、皆様へのご提案価格へ反映させていただきます。

現地との綿密な相談による「正確さと速さ」をモットーにしています

海外では仕様・オプション等の位置づけが日本の慣習と異なることも多く、並行輸入では注意が必要です。新車・中古車共にご納得のできる仕様を確実にご納車出来るように、時差を考慮しつつ、仕入れ先とは何度も仕様確認や質問事項をやり取りしており、正確さと速さをモットーに務めております。