並行輸入車|購入される前に知っておきたいこと 欧州各国から続々と搬出!(フォード マスタング 5.0 V8 GT 右ハンドル)

並行輸入あれこれ

こんにちは!

ウィズトレーディング代表の宮崎です。

日本に未導入のクルマを海外から日本へ運んで、全国のお客様へお届けします。
『並行輸入あれこれ』では、輸送や国内での検査、保険、保証などのお話はしてきました(過去ブログ参照)。今回は欧州から続々と日本へ向かう車両のお話になります。

今回の画像紹介は、M様にご購入いただいたフォード マスタング 5.0 V8 GT カスタムパック 右ハンドル(Ford Mustang 5.0 V8 GT)です。

日本へ向けて出港すべく、港への搬入が済みました。輸出通関と船便の予約を待つのみです。

 

2018年にフェイスリフトを行いフロントマスクを一新。さらに10速ATの採用、各種電制装備を進化させる等、地道にアップデートが行われています。また、この7代目モデルからクローズドトップのクーペが「ファストバック」という初代と同じ名称で呼ばれることとなりました。

並行輸入 新車|新型フォード マスタング ファストバック(2018-)に乗る。日本未導入マッスルカーの概要・スペック・価格情報。
2018年にフェイスリフトと新型10速AT等が投入された、フォード マスタング ファストバック(クーペ、Ford Mustang fastback 2018-)モデルについて、概要・スペック・価格等、並行輸入で乗るための情報をご紹介。

 

 

M様の拘りは、何と言っても英国仕様右ハンドルのフェイスリフト前のマスクです。確かに北米仕様左ハンドルは多くの業者さんが扱っているので、日本でも流通量が多いです。フェイスリフト後の愛嬌のあるマスクに比べて、シャープな感じがします。また、ガンMのボディカラーと、製造時オプションのカスタムパック(ホイール、ドアサッシュメッキ、オーディオ)も外せないアイテムという事で探すのが大変でした。

Ford Mustang 5.0GT

今回は、極上の中古車をご案内することが出来ました。

日本に到着し、対面するのはどんなクルマでもワクワクします。M様、楽しみにお待ちくださいませ!

ご自身の希望で製造時オプションを装着する新車(現地製造期間がプラスされますが、希望通りのクルマ)、新車在庫(製造時オプションは装着無いものが多い)、登録済新車及び新古車(新車に近い状態で価格抑えめ)、低走行距離中古車(現地で状態も確認安心)、希望の中古車(状態確認し、相談しながら進めてまいります)と様々な手配が可能です。

先ずは、ご相談下さい!

 

 

ブログ
「ブログ」の記事一覧です。