並行輸入車|購入される前に知っておきたいこと 現地整備・搬送(ドイツから)

並行輸入あれこれ

こんにちは!

ウィズトレーディング代表の宮崎です。

日本に未導入のクルマを海外から日本へ運んでお客様へお届けします。
一見簡単そうですが、個人で輸入された方であれば意外と大変な事もご存じだと思います。『並行輸入あれこれ』では、輸送や国内での検査、保険、保証などのお話はしてきました(過去ブログ参照)。今回は現地整備・搬送のお話になります。

スタートは何よりも仕入れです。欧州各国のクルマを仕入れるのですから、現地での車両状態や装着品確認は大切です。

年に数度となく各国へ訪れるのですが、当然それだけではご依頼に対応しきれません。そこで、現地駐在スタッフにあちこち動いてもらうか、現地エージェントに代行して行ってもらうことになります。ご依頼の車両を買い付けする前に確認することが沢山あります。

お客様のご依頼通りの装備仕様になっているか、ダメージ(事故歴)や修復があるかはとても大切な事なので慎重に進めていきます。

支払いを済ませると、整備と装着品の作動チェックを依頼します。日本へ輸出するから納車整備を行ってくれないという話を聞く事がありますが、ウィズトレーディング(ウィズカーズ)では全車依頼をした上で搬送に入ります。

欧州の各国も日本同様に広大な国内に販売会社が数社あります。どの会社・拠点に在庫していて購入するかで搬出港や通関場所が異なってきます。なるべく、お客様へのご負担がかからないように手続きや搬送を現地駐在スタッフや現地エージェントに代行していただくことにしています。

ウィズトレーディング(ウィズカーズ)では、そうした縁の下の力のお陰で皆様に安心できる案件のご紹介と、買い付け、整備、搬送が出来ております。


いよいよ、N様のメルセデスベンツ Xクラス X250dパワーエディションが船積み待ちとなりました。楽しみにお待ちくださいませ!

ミドルクラスピックアップ競争から撤退し、製造が中止になったメルセデスXクラス。今なら未だ新車在庫や低走行距離新古車の仕入れが可能です。もしかしたらプレミアがつくかもしれないメルセデスXクラス、ご相談お待ちしております。

 

ブログ
「ブログ」の記事一覧です。