並行輸入車|購入する前に知っておきたいこと /日本初上陸!新型フィアット ティーポ 1.0 CROSS が横浜に到着!

並行輸入あれこれ
横浜大黒埠頭

こんにちは!

ウィズトレーディング代表の宮崎です。

日本に未導入のクルマを海外から日本へ運んで、全国のお客様へお届けします。
『並行輸入あれこれ』では、輸送や国内での検査、保険、保証などのお話をしてきました(過去ブログ参照)。今回は 日本初導入!新型フィアット ティーポ 1.0 CROSS が横浜に到着!の単独ブログです。

2代目のフィアット ティーポとして復活すること丸5年、2020年秋にマイナーチェンジを行った新型フィアット ティーポ(FIAT TIPO)。これまでのボディスタイル、『ハッチバック』、『ステーションワゴン』『セダン』に新しく加わったクロスオーバー仕様『クロス』がフィアットの顧客層に受け入れられて、早くも人気車になっています。

そして、日本初上陸のご依頼をされたのは、新潟県のMさま。漸く、横浜へ到着しました。

長年フィアットがもつ得意分野「実直な小型車作り」として、欧州内でベストセラーのティーポ。今回のマイナーチェンジでは、クロスオーバー仕様を用意しました。パンダや500等で見られるクロス仕様をティーポにも導入し、更なる顧客層を獲得する積極的な戦略を進めています。

運転席に座ると、着座位置が通常モデルよりも4センチ高く、安全な視野の確保が出来ます。グリルのフィアットバッジは、EVの500eに続く新ロゴ。エクステリアには、専用の前後バンパー、サイドガーニッシュ、ホイールアーチモール、ルーフレールで差別化。室内に入ると、デジタルメーター、大型タッチパネル、アダプティブハイビーム、アダプティブクルーズコントロール、レーンアシスト、オーディオインフォテイメントなどが充実し、このクラスには十分過ぎる装備で固めています。

日本未導入のティーポ クロス、街中での小回り、ワインディングと楽しめそうなクルマです。皆さまも乗ってみませんか?

欧州仕様左ハンドル/英国仕様右ハンドルのグレード体系や、装備等を説明記事を用意しております。以下のページを参考にしてください。

並行輸入 新車|新型フィアット ティーポ(2020-)に乗る。日本未導入Cセグメントの概要・スペック・価格の情報。
新型フィアット ティーポを解説。概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介。

ウィズトレーディング(ウィズカーズ)では、ご自身の希望で製造時オプションを装着する事が可能な新車(現地製造期間がプラスされますが、希望通りのクルマ)、新車在庫(製造時オプションは装着無いものが多い)、登録済新車及び新古車(新車に近い状態で価格抑えめ)、低走行距離中古車(現地で状態も確認安心)、希望の中古車(状態確認し、相談しながら進めてまいります)と様々な手配が可能です。

先ずは、ご相談下さい!

ブログ
「ブログ」の記事一覧です。

掲載している情報は記事公開時におけるものです。現在では仕様変更や一部改良、販売価格の変更等が行われている場合があります。公式サイトやカタログ等をご確認いただき、ご不明な点は遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

お電話か下記のフォームから必要事項をご記入いただきお問い合わせ下さい。
通常は2-3営業日でご連絡を差し上げますが、海外とのやり取りが必要な場合等、お時間のかかる案件の場合にはその旨ご連絡いたします。
また、お問い合わせ内容によってはご回答を見合わせていただく場合がありますのでご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

045-594-7854
受付時間:10:00〜19:00
担当:宮崎(ミヤザキ)

メールでのお問い合わせ


    新車・中古車のご相談カスタム・パーツのご相談整備・修理のご相談板金塗装・修理のご相談車検のご相談保険等のご相談その他のご相談

    ※送信ボタンを押すとすぐに送信されます。記入事項にお間違いの無いよう、今一度ご確認ください。


    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and
    Terms of Service apply.

    並行輸入あれこれ
    スポンサーリンク
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    最新情報をお届けします。
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入をフォローする
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入