並行輸入車|購入される前に知っておきたいこと 欧州各国から続々と搬出!(ルノー グランセニック)

並行輸入あれこれ
グランセニック 港へ搬入 

こんにちは!

ウィズトレーディング代表の宮崎です。

日本に未導入のクルマを海外から日本へ運んで、全国のお客様へお届けします。
『並行輸入あれこれ』では、輸送や国内での検査、保険、保証などのお話はしてきました(過去ブログ参照)。今回は欧州から続々と日本へ向かう車両のお話になります。

今回の画像紹介は、音楽プロデュース関係で活躍されるT様にご購入いただいたルノー グランセニック TCe 140(Renault Grand Scenic TCe 140)です。

日本へ向けて出港すべく、港への搬入が済みました。輸出通関と船便の予約を待つのみです。

欧州では各社にラインナップされている欧州CセグメントMPV(多目的車)。その中でもパイオニアと言われているのがルノー セニック/グランセニック(RENAULT Senic/Grand Senic)です。2016年のモデルチェンジで新たなコンセプトを取り入れ進化を遂げました。

並行輸入 新車|新型ルノー セニック/グランセニック(2016-)に乗る。日本未導入MPVの概要・スペック・価格・特別仕様車の情報。
ルノーの日本未導入MPV、セニック/グランセニック(RENAULT Scenic/GrandScenic)を解説。2016年にフルモデルチェンジしクロスオーバー要素を盛り込んだ現行モデルの概要・スペック・価格・特別仕様車等、並行輸入で乗るための情報をご紹介。

 

このクルマを購入される方の多くが、オンオフ兼用の用途で検討されます。その理由は、2列目と3列目のシートをキレイに畳んで収納が可能でフラットになることが挙げられます。仕事の道具をキチンと収納することが可能で、いざという時には7人がゆったりと快適に移動出来る。そして、価格もリズナブルなのが決めてとのご意見を多くいただきます。

今回は、登録済未走行新車をご案内することが出来ました。

日本に到着し、対面するのはどんなクルマでもワクワクします。T様、楽しみにお待ちくださいませ!

ご自身の希望で製造時オプションを装着する新車(現地製造期間がプラスされますが、希望通りのクルマ)、新車在庫(製造時オプションは装着無いものが多い)、登録済新車及び新古車(新車に近い状態で価格抑えめ)、低走行距離中古車(現地で状態も確認安心)、希望の中古車(状態確認し、相談しながら進めてまいります)と様々な手配が可能です。

先ずは、ご相談下さい!

 

 

ブログ
「ブログ」の記事一覧です。