オペル

スポンサーリンク
並行輸入あれこれ

並行輸入車|購入する前に知っておきたいこと /欧州オペルディーラー!モッカ&アストラ現車確認!

こんにちは! ウィズトレーディング代表の宮崎です。 日本に未導入のクルマを海外から日本へ運んで、全国のお客様へお届けします。 『並行輸入あれこれ』では、輸送や国内での検査、保険、保証などのお話をしてきました(過去ブログ参照)。今回は並行輸入車|購入する前に知っておきたいこと /欧州オペルディーラー!モッカ&アストラ現車確認!の単独ブログです。 ウィズトレーディング(ウィズカーズ)では、国内未発売のクルマ、国内販売車両の欧州仕様、国内未発売のアクセサリーオプションなど様々なご依頼をいただきます。個人のお客さま、完成車メーカー、部品メーカー、ショップさまと、ご依頼内容は多岐に渡ります。 様々なご要望にお応えするには、やはり海外の現地サプライヤーやディーラースタッフの協力が必要です。時には、中々入手が出来ないデータやドキュメントを出してもらわねばならない事もあります。その為、定期的に欧州の各ブランドのディーラーへ訪問し、関係構築や新情報を仕入れる事に努めております。 今回伺ったのは、OPELディーラーです。サイト内でも紹介しているモッカとアストラ、お客さまからの質問事項を確認する事が出来ました!
オペル/ボクスホール

並行輸入 新車|オペル アストラ(2021-)に乗る。日本未導入のハッチバック/コンパクトエステートの概要・スペック・価格の情報。

オペル アストラを解説。概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介。
並行輸入中古車

オススメ並行輸入車 ディーラー新車在庫|オペルモッカ 1.2 Turbo Edition 6MT 左ハンドル

こんにちは! ステランティスジャパンとして、日本への再上陸が決まっているオペル(Opel)。コロナ禍の影響や紛争などの影響で遅れているようです。果たして、2022年度内の展開があるのか微妙になってきたようです。オペルファンの皆さまもヤキモキされておられるのでは無いでしょうか。国内の自動車産業全体が活性化する事を応援するウィズトレーディング(ウィズカーズ)も、続報を楽しみにお待ちしたいいと思います。 最初に導入が予想されているモデルは、『モッカ』『コルサ』と、『グランドランド』の3モデルです。 最新型車両がオペル モッカ(Opel Mokka)で、ドイツ本国でも発売以来の人気更新中です。英国右ハンドル仕様ではヴォクスホール(Vauxhall)ブランドとして、やはり人気を博しています。 今回ご紹介させていただくのは、ドイツ本国仕様のオペル モッカ、1.2turbo Edition、6MTの正規ディーラー新車在庫です。ご案内する個体以外にも、カラフルなバイカラーやオートマチックトランスミッション、英国仕様右ハンドルもご案内可能です。
オペル/ボクスホール

並行輸入 新車|オペル クロスランド(2020-)に乗る。日本未導入コンパクトSUVの概要・スペック・価格の情報。

オペル クロスランドを解説。概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介。
オペル/ボクスホール

並行輸入 新車|オペル/ボクスホール モッカ(2020-)に乗る。オペルのコンパクトSUVの日本に導入されなさそうな仕様も含めた概要・スペック・価格の情報。

オペル/ボクスホール モッカを日本に導入されなさそうな仕様を含めて解説。概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介。
並行輸入中古車

オススメ並行輸入車 ディーラー新車在庫|オペルモッカ 1.2 Turbo ELEGANCE EAT8 左ハンドル

こんにちは! グループPSAとして、日本への再上陸が決まっているオペル(Opel)。コロナ禍の影響で遅れているようですが、2021年度内の展開が予想されます。 最初に導入が予想されているモデルは、『コルサ』と『コンボライフ』、『グランドライドX』の3モデルです。プジョー及びシトロエンの兄弟車たちも、全ての仕様ではないものの日本へ導入し、人気車種になっています。 そんなオペルの最新型車両がオペル モッカ(Opel Mokka)で、ドイツ本国でも発売以来の人気更新中です。英国右ハンドル仕様ではヴォクスホール(Vauxhall)ブランドとして、やはり人気を博しています。 今回ご紹介させていただくのは、ドイツ本国仕様のオペル モッカ、中級グレードの1.2turbo ELEGANCE、EAT8の正規ディーラー新車在庫です。ご案内する個体以外にも、カラフルなバイカラーやマニュアルトランスミッション、英国仕様右ハンドルもご案内可能です。
並行輸入中古車

オススメ並行輸入車 ディーラー新古車在庫|オペルモッカ 1.2 Turbo GS Line EAT8 左ハンドル

こんにちは! グループPSAとして、日本への再上陸が決まっているオペル(Opel)。コロナ禍の影響で遅れているようですが、2021年度内の展開が予想されます。 最初に導入が予想されているモデルは、『コルサ』と『コンボライフ』、『グランドライドX』の3モデルです。プジョー及びシトロエンの兄弟車たちも、全ての仕様ではないものの日本へ導入し、人気車種になっています。 そんなオペルの最新型車両がオペル モッカ(Opel Mokka)で、ドイツ本国でも発売以来の人気更新中です。英国右ハンドル仕様ではヴォクスホール(Vauxhall)ブランドとして、やはり人気を博しています。 今回ご紹介させていただくのは、ドイツ本国仕様のオペル モッカ、上級グレードの1.2turbo GS-Line、EAT8の正規ディーラー新古車在庫です。ご案内する個体以外にも、カラフルなバイカラーやミッション、英国仕様右ハンドルもご案内可能です。
並行輸入中古車

オススメ並行輸入車 ディーラー新車在庫|オペル/ボクスホール アストラ1.4 SRi 145PS CVT 右ハンドル

こんにちは! 絶対的なベンチマークとして君臨し続けるフォルクスワーゲン ゴルフを筆頭に強豪がひしめく欧州Cセグメントクラス。そのなかにあって「スタンダード カンパニーカー」として独自のポジションを築いてきたのがオペル/ボクスホール アストラ(OPEL/VAUXHALL Astra)です。 かつては日本でも正規導入され一時は人気を博しながらも忘れ去られ、今またPSAグループとの統合の渦中で、オペル/ボクスホールとしての血脈を残す最後のフェイスリフトが行われました。2021年に予定される再参入時には『コルサ』、『コンボライフ』、『グランドランドX』の3車種を導入するとの事で残念ではありますが、並行輸入でお乗りいただく事が可能です。
並行輸入中古車

オススメ並行輸入車 ディーラー新古車|オペル/ボクスホール モッカX 1.4T Active 5dr 6AT 右ハンドル

こんにちは! 2012年のジュネーブモーターショーにてワールドプレミアされ、2013年には早々に受注が10万台を突破、 ドイツ、ロシア、イギリス、イタリア、フランスで特に人気のあるクルマがオペル/ボクスホール モッカX(OPEL/VAUXHALL MOKKA/MOKKA X )です。 現行型は既に製造を終えて、2021年に電気自動車MOKKA-Eとして別物として生まれ変わる予定になっています。 今回ご紹介させていただくのは英国仕様右ハンドルの最終型、ボクスホール モッカX 1.4T Activeの新古車です。
並行輸入中古車

オススメ並行輸入車・ディーラー新車在庫|新型オペル/ボクスホール コルサ 1.2 Turbo Elite Nav Premium 5dr Auto HB 右ハンドル

新型オペル/ボクスホール コルサ(OPEL/VAUXHALL Corsa)のディーラー在庫新車のご案内。PSAグループ加入後初の新型モデルとして2019年にデビューしたBセグメントコンパクト。本格的な日本導入前に。
オペル/ボクスホール

並行輸入 新車|新型オペル/ボクスホール コルサ(2019-)に乗る。日本未導入コンパクトの概要・スペック・価格の情報。

日本未導入のコンパクトハッチバック 新型オペル コルサ(OPEL/VAUXHALL Corsa)を解説。PSA傘下で新規開発された初の主力モデルについて、概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介。
オペル/ボクスホール

並行輸入 新車|オペル/ボクスホール アストラ(2019-)に乗る。日本未導入Cセグメントハッチバック/ワゴンの概要・スペック・価格の情報。

日本未導入のオペル/ボクスホール アストラ(OPEL/VAUXHALL ASTRA)を解説。概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介。
業務日誌

Unilopal(ユニルオパール)製品、ご用意できます!純正オイル以外の選択肢がない、適合オイルが入手困難という方、ご相談ください。

Unilopalはフランス車メーカーはもちろん、主要欧州車メーカーのメーカー承認を取得している100%フランス製の高品質オイル。一般量販店では販売されていない、プロフェッショナル御用達オイルをぜひお試しください。
スポンサーリンク