並行輸入 新車|メルセデス・ベンツ Vクラス(2019-)に乗る。日本未導入仕様を中心に概要・スペック・価格の情報。

メルセデス・ベンツ Vクラス(V300d 4MATIC)メルセデスベンツ
メルセデス・ベンツ Vクラス(V300d 4MATIC)

アウトバーン仕込みの安定した高速安定性をはじめ、日本のラグジュアリーミニバンとひと味違う欧州ラグジュアリーMPVを希望されるお客様は多く、例えばフォルクスワーゲンのマルチバン(カラベル)は日本未導入にも関わらずウィズトレーディングでは多くのお問い合わせや販売実績があります。このマルチバンの真っ向からライバルとなるのがメルセデス・ベンツのVクラス。日本市場にも既に導入されているモデルではありますが、欧州には日本には導入されない魅力的な仕様があるのをご存じですか?
今回はメルセデス・ベンツのラグジュアリーMPV、Vクラス(MercedesBenz V-Class)の日本未導入仕様を中心に解説。概要・スペック・価格・並行輸入で乗るための情報を解説します。

メルセデス・ベンツ Vクラスとは

メルセデス・ベンツ Vクラス(V300d 4MATIC)

メルセデス・ベンツ Vクラス(V300d 4MATIC)

Vクラスは、メルセデス・ベンツの全長5mクラスのMPVで同社のMPVのなかで最上級のモデルとなります。ボディサイズは全長:5,140mm(ロング仕様の場合)×全幅:1,928mm×全高:1,880 mm(ミラー部分を含まず)と国産車ではラグジュアリーミニバンのトヨタ アルファードより一回り以上大きく、最も長いエクストラロング仕様では全長:5,370mmとハイクラスな送迎用途などを想定したトヨタ グランエースに近いサイズです。

Vクラスの初代モデルは1996年、W638型とナンバリングされた商用LCVのヴィトー(Vito)をベースとする乗用モデルとしてデビューしました。貨物や貨客混在のヴィトーに対して乗用用途に特化したこのモデルは、サルーンとは違う新ジャンルの「クラス」として追加されました。ベースモデルはメルセデスの直列4気筒でしたが、FFでエンジンを横置きに配置するレイアウトのため、上級仕様となるV280に採用されたV型6気筒ユニットは、コンパクトなフォルクスワーゲンの狭角6気筒のVR6ユニットが供給されたことが話題となりました。W639型となる2代目は「ビアノ(Viano)」にリネームされて2003年にデビュー。FFベースの初代からFRベースに転換しました。その後ネーミングはモデル途中でVクラスの名前に戻されています。2代目にはかつてはライバルのフォルクスワーゲン カラベル(トランスポーター)をキャンパー架装していたウェストファリアと共同開発したメーカー純正キャンパー仕様の「マルコポーロ」が追加されました。

W447型となる3代目モデルは2014年にデビュー。メルセデス・ベンツのフラッグシップMPVとしてさらに完成度が向上。現在販売されているモデルは2019年にフェイスリフトされたモデルです。このフェイスリフトではエクステリアやインテリアをはじめ、エンジンやトランスミッションまで手の入る大掛かりなものになりました。バリエーションには2代目モデルから引き続きウェストファリアが架装するキャンパーのマルコポーロのほか、商用モデルのヴィトー、そしてメルセデス・ベンツが推し進める「eDrive@VANs」に則り電動化モデルのEQVもラインナップされています。生産はヴィトー同様スペインで生産。欧州をはじめ世界中の各国で好評を得ており、3代目フルモデルチェンジから20万台以上のセールスを記録。独AutoBuild誌のバリューマイスター賞を最新のものを含め過去18度も受賞しており、現地では購入後の価値が下がらないモデルとして評価されています。

Vクラスについては日本市場に初代モデル以降、現在の3代目モデルはキャンパーのマルコポーロも含めて正規で導入されています。

メルセデス・ベンツ Vクラス コンセプト紹介動画(約1分)

ココがスゴイ!メルセデス・ベンツ Vクラス

メルセデス・ベンツ Vクラスを語るうえで外せないポイントが以下の5つです。

  • 新世代ダウンサイジングユニットに統一、クラス最強となるV300dの設定
  • 従来モデルより多段化されて滑らかさと低燃費を実現した9G-TRONICの採用
  • 日本仕様には導入されない4MATIC(AWD)仕様が選択可能
  • アクティブブレーキアシストをはじめとする最新の安全システムを採用
  • 老舗ビルダー ウェストファリアが手掛けた純正キャンパーの「マルコポーロ」

スタイリングとインテリア

  • 最新のメルセデス・ベンツ乗用車のデザインイディオムを踏襲
  • 3種類のボディタイプを設定
  • ビジネスクラスのような快適な移動空間を提供
  • メルセデス・ベンツのブランドに相応しいインテリアの質感

Vクラスのボディタイプは3種類が設定。短い順に全長が4,895mmのコンパクト(左ハンドル欧州仕様の場合)、5,140mmのロング、5,370mmのエクストラロングがあり、ユーザーの使い方やニーズに合わせて選択可能です。デザインについては最新のメルセデス・ベンツ乗用車のデザインイディオムを踏襲。フェイスリフトでリデザインされたフロントエンドは、エアインテークを取り込んだ新意匠のバンパーやフロントグリルなどでよりワイドな外観になり視覚的な存在感が増しています。サイドは従来モデルから基本的に継承していますが、引き締まった2本のラインがVクラスを伸びやかで立体的な造形であることを印象付けます。サイドはスライドドア、バックドアは跳ね上げ式のものに狭い場所でも荷物が出し入れ可能なガラスハッチが装備されています。

ホイールは最大19インチの光沢仕上げまで幅広く設定。これは迫力があるだけでなく、空気力学的にも優れた設計がされるため、空気抵抗の低減にも効果を発揮しています。

ボディカラーはフェイスリフトで情熱的なヒヤシンスレッドやシックなグラファイトグレーメタリックをはじめ4色が新たに追加されました

インテリアもエクステリア同様メルセデス・ベンツの乗用車の流れを汲んだものに。フェイスリフトではスポーティーなタービンルックのエアベントや、インストルメントクラスターには新しいダイヤルが採用されています。インテリアトリムにはメルセデスのブランドに相応しい質感のレザーが設定されており、新色としてEクラスなどでも採用されるタルトゥーフォ・ナッパ・レザーが新たに設定されました。曲線を巧みに繋いだ有機的な造形のインパネに設定されるパネルは、ピアノブラック、エボニーウッド、カーボン、アルミニウムなど温かみのある高級感から、クールなシャープさを感じるものまで幅広く、オーナーの要望に応えられるようになっています。シート配列は、2列目が3人掛けベンチシートとなる8人乗りと、2人分独立した2列目シートの7人乗りがグレードによって選択可能です。

Vクラスの大きな魅力は、MPVとしての快適性。クラス最大サイズのパノラマスライディングルーフ、クールボックスと温度調整機能付きのカップホルダーを内蔵した広いセンターコンソール、折り畳み式のテーブルなどが装備されます。さらにフェイスリフトでは2列目にラグジュアリーシートが選択可能。Sクラス同様、フルリクライニングするほか、マッサージ機能も搭載。大切な乗員に対してまるでビジネスクラスのような快適性を持った移動空間を提供します。

さらにLCV譲りの積載性の高さもあり、フル乗車の状態でもゴルフバックが縦に積めるほか、右外側シートを倒すことで長尺物の積み込みや、各列のシートを取りたたむことで広大なラゲッジスペースが出現し、大きな荷物を積み込むことも可能です。

インフォテイメントシステムは最大で10.25インチの大画面タッチスクリーンにメルセデス最新のユーザーエクスペリエンスのMBUXが採用されています。

搭載されるエンジンと燃費

パワーユニットは、ディーゼルのみの設定です。

新世代ディーゼルユニットとなる2.0Lターボ OM654型ユニットに統一

新世代ディーゼルユニットとなる2.0Lターボ OM654型ユニットに統一

  • ディーゼル
    2.0L 直4 ターボ V220d OM654 163PS(120kw)/380Nm
    2.0L 直4 ターボ V250d OM654 190PS(140kw)/440Nm
    2.0L 直4 ターボ V300d OM654 237PS(174kw)/500Nm

フェイスリフトの際に全て2.0L 直4ターボの新世代ディーゼルユニットとなるOM654型に統一され、従来の2.2L仕様からダウンサイジング化されました。ポイントは燃費性能の向上と騒音/振動対策の強化。このユニットはメルセデスのMPVでは初となる燃焼プロセスの採用のほか、アルミニウム製ハウジングとスチール製のピストンにNANOSLIDEシリンダーウォールコーティングが施されるほか、アンモニアスリップ触媒(ASC)などを装備することでこのポイントを実現しています。

そしてトピックはフラッグシップとなるV300dの追加。クラストップのハイパワーと500Nmという強大なトルクを発生するだけでなく、一時的に最大以上のトルクを発生できるオーバートルク機能を装備してダイナミックなドライビングが実現できるとメーカーはアピールしています。燃費性能は欧州複合で14.7km/Lです。(4MTAIC仕様)
日本仕様として現在導入されているのは、従来モデルに準じた2.2L仕様のOM651型のため、新世代のOM654ユニットは導入されていません。

駆動方式はFRを基本に全てのパワーユニットにAWD仕様の4MATICが設定されています。トランスミッションはパドルシフト付き9G-TRONICに統一。日本仕様にも導入されている従来の7段から多段化されると同時にコンパクト化された次世代トランスミッションで、滑らかな変速が魅力です。

走行性能とハンドリング

サスペンションはフロント:マクファーソン・ストラット、リア:セミトレーディングアームを採用。サスペンションは複数のチューニングが設定されていますが、そのなかでもポイントはセレクティブ・ダンピングシステムを搭載したアジリティ・コントロール・サスペンション。これは俊敏性と非常に高いレベルのドライビング・コンフォート性能を兼ね備えています。
もうひとつのポイントはAWDの4MATICの設定。路面状況の悪いところから日本での制限速度を大幅に超えるハイスピードでも環境を問わずに安定した走りを提供する4MATICは、日本でも降雪地域などでも大きな威力を発揮することでしょう。

4MATIC仕様は路面状況の悪いところからハイスピードまで環境を問わずに安定した走りを提供します

4MATIC仕様は路面状況の悪いところからハイスピードまで環境を問わずに安定した走りを提供します

フェイスリフトでは安全性も向上しています。標準装備のクロスウィンド・アシストは、横風が強い状態でも安定したドライビングができるようにアシスト。重心が高く投影面積の広いMPVでも安定した走りを提供します。衝突被害軽減ブレーキのアクティブ・ブレーキ・アシストは新たに静止した障害物や歩行者の横断にも対応したものにアップデートされてます。

サイズとスペック


●寸法・重量
【全長×全幅×全高】5,140×1,928×1,880 mm(ミラー部分を含まず)
【ホイールベース】3,200mm 【トレッド】前/後:- / -mm
【車両重量 2,220kg
●エンジン
【構成】水冷直列4気筒ターボ DOHC16V フロント縦置き 気筒休止機構付
【総排気量】1,950cc 【直径×内径】 -×-mm 【圧縮比】-:1
【最高出力】237ps(174kw)/4200rpm 【最大トルク】500Nm/1600-2400rpm
【燃料容量】57L
●駆動系
【駆動方式】AWD 【トランスミッション】9G-TRONIC
【サスペンション】(前)マクファーソンストラット / (後)セミトレーディングアーム
【ブレーキ】(前)ベンチレーテッドディスク / (後)ディスク
【タイヤ】(前後)245/45R19
●パフォーマンス
【最高速度】214km/h 【0-100km/h加速】8.5秒
【燃費】約14.7km/L(新欧州複合基準)【価格】欧州仕様 2021モデル:€102,946

歴史とトリビア

メルセデス・ベンツ Vクラス関連の歴史とトリビアを簡単にご紹介します。

  • 商用用途のVito(ヴィトー)の乗用モデルとしてデビュー
  • BEV仕様のEQVもラインナップ
  • 独AutoBuild誌のバリューマイスター賞を受賞
  • 2014年のフルモデルチェンジ以来20万台以上のセールスを記録
  • 中国市場など一部市場向けにはガソリンターボのV260もラインナップ

ライバル

欧州のラグジュアリーMPVとしてVクラスの真っ向からライバルとなるのは、フォルクスワーゲンのマルチバン(カラベル)。「欧州MPVのポルシェ」とも比喩されるボディの作りの良さと安定性を誇るマルチバンは、2021年に7代目のT7にフルモデルチェンジ。史上初めてLCVベースではなく乗用に特化され電動化なども含めて大きく変わった新型モデルは今後も強力なライバルとして存在し続けることでしょう。ほかにも欧州老舗LCV、トランジットブランドをベースにしたフォード トルネオ・カスタムや、ルノー トラフィックおよび兄弟車など多くのライバルが存在します。

並行輸入するなら。オススメのグレードと価格情報

日本にも正規導入されているVクラスですが、現時点で導入されているのは従来型に準じた2.2Lユニットに7G-TROINCの組み合わせのため、欧州で販売されてるV300dやAWDの4MATIC仕様は導入されていません。今後日本仕様も最新のパワーユニットにアップデートされる可能性もあるかもしれませんが、現時点で正式なアナウンスはされておりません。そのため、いち早く確実に手に入れるなら並行輸入が確実な方法です。Vクラスのグレード構成は以下の通りです。左ハンドル欧州仕様、右ハンドル英国仕様共に設定されています。

グレード構成(左ハンドル欧州仕様)

  • V-Klasse
    16インチスチールホイール+フルホイールキャップ、デイタイムランニングライト付きヘッドライト、ドライビング・ライトアシスタント、クルーズコントロール、7インチタッチスクリーン、MBUX、セミオートマチックエアコン、運転席コンフォートシート、2列目、3列目2人掛けシートなどが装備
  • RISE
    (V-Klasseに対して)2列目3人掛けベンチコンフォートシートなどを装備、折り畳み式アウターシート、リアの独立シートを省略
  • EDITION
    (V-Klasseに対して)20スポーク17インチアルミホイール、スポーツサスペンション(オプションでアジリティ・コントロール・サスペンションも選択可能)、メルセデス・ベンツロゴ入りキャリパー、運転席助手席シートヒーター、ナッパレザーステアリングホイール、電動式後席コンパートメントベントウィンドウなどが装備
  • EDITION 2021
    (EDITIONに対して)AMGサイドパネル、LEDインテリジェントライト、AMG Lineインテリア、ブラックインテリアトリム、カーボンルックのトリムエレメント、10.25インチタッチスクリーン、スマートフォン連携パッケージなどが装備
  • AVANTGRADE
    (V-Klasseに対して)5スポーク17インチアルミホイール、アジリティ・コントロール・サスペンション、LEDインテリジェントライト、ブラックレザーまたはシルクベージュのコンフォートシート、ダブルストライプトリムエレメント、ナッパレザーステアリングホイール、ロゴ入りエントランスイルミネーションなどが装備
  • AVANTGRADE EDITION
    (AVANTGARDEに対して)レーンキーピングアシスト、ブラインドスポットアシスト、メタリックペイント、アルマイト処理されたルーフレール、10.25インチタッチスクリーン、THERMOTRONICオートエアコンなどが装備
  • AVANTGRADE EDITION 2021
    (AVANTGRADE EDITIONに対して)5ツインスポーク19インチアルミホイール、メルセデス・ベンツロゴ入りキャリパー、AMG Lineインテリア、ブラックインテリアトリム、ハイビームアシストプラス、スマートフォン連携パッケージなどが装備
  • EXCLUSIVE
    (AVANTGRADE EDITIONに対して)ブラッシュドアルミニウムトリム、DINAMICAインテリアヘッドライニング、AVANTGARDEインテリアデザインパッケージ、メモリー機能およびシートクライメートコントロール付き付き運転席/助手席パワーシートなどが装備
  • EXCLUSIVE EDITION
    (EXCLUSIVEに対して)盗難防止パッケージ、PRE-SAFEシステムを含むドライビングアシストパッケージ、アクティブブレーキアシストパーキングヒーター(温水式補助暖房)、後席左右の12Vソケットなどが装備

グレード構成(右ハンドル英国仕様)

  • Sport
    5ツインスポーク19インチAMGアルミホイール、バンパークロームトリム、デイタイムランニング付きLEDヘッドライト、パノラミックグラスルーフ、ARTICOレザーインテリアトリム、ナッパレザーインテリア、パーキングアシストなどが装備
  • AMG-Line
    7ツインスポーク19インチAMGアルミホイール、AMGエクステリア、ダイアモンドラジエターグリル、AMGスポーツインテリア、カーボンルックトリムなどが装備

日本市場にも導入されるVクラスですが、そのなかでもおすすめは左ハンドル欧州仕様のV300d 4MATICのロングボディにEXCLUSIVEグレードの組み合わせ。これはクラス最強のパワーを誇るV300dに降雪地域でも安心なAWD仕様の4MATICと広大なラゲッジスペースを持ちつつも大きすぎないロングボディ。そしてAVANTGARDEグレードのさらに上を行くプレミアムな装備が充実したEXCLUSIVEグレードの組み合わせは、メルセデスのフラッグシップMPVのなかでも日本仕様では選択できない頂点を極めたチョイスです。アウトバーン仕込みの路面状況に関わらない高い安定性と、VIPも納得して貰える極上の移動空間を備えたV300d 4MATICは、国産ラグジュアリーミニバンとはひと味違う「キング・オブ・ヨーロピアンMPV」。大切な乗員を乗せて確実に快適に移動するための”こだわりの仕様”を選んでみませんか?

  • メルセデス・ベンツ Vクラス V300d 4MATIC EXCLUSIVE 9G-TRONIC(左ハンドル欧州仕様)
  • メルセデス・ベンツ Vクラス V300d 4MATIC AVANTGARDE 9G-TRONIC(左ハンドル欧州仕様)
アウトバーン仕込みの「キング・オブ・ヨーロピアンMPV」をこだわりの仕様で選んでみませんか

アウトバーン仕込みの「キング・オブ・ヨーロピアンMPV」をこだわりの仕様で選んでみませんか

ほかにも右ハンドル英国仕様をはじめ、コンパクトやエクストラロングのボディ、低燃費のベースユニット、そして純正キャンパーのマルコポーロも並行輸入できます。合わせてお仕事の相棒としての貨客混在仕様も選べるヴィトーも各仕様を並行輸入できますので、お気軽にお問い合わせください。

メルセデス・ベンツ Vクラスを並行輸入した場合の国内乗り出し価格例
(€1=129円時・現地値引き交渉前)
メルセデス・ベンツ Vクラス V300d 4MATIC EXCLUSIVE 9G-TRONIC(左ハンドル欧州仕様)
現地値引き交渉前価格:€102,946)\16,613,000
メルセデス・ベンツ Vクラス V300d 4MATIC AVANTGARDE 9G-TRONIC(左ハンドル欧州仕様)
現地値引き交渉前価格:€72,744)\12,151,000

英国仕様右ハンドル車を横浜近郊に納車した場合の乗出し価格(2年保証付)例です。
オプション装備、有償カラー料金、他地域への納車費用は別途となります。
特殊な地域以外は全国納車対応いたします。
右ハンドル・左ハンドル対応!
ウィズトレーディングでは英国(イギリス)をはじめドイツ、フランス、ベルギー他、欧州数か国に対応できるサプライヤーと協力体制を敷いています。英国仕様の右ハンドル車、その他欧州仕様の左ハンドル車もご用意できます。

掲載価格について(為替差益、現地ディスカウント還元!)

※ウィズトレーディングでは参考乗り出し価格例として新車、中古車は掲載時の為替レートで表記しておりますが、お見積り等はご依頼時点の為替レートを適用、差益分があれば還元させていただきます。

また、欧州各国の仕入れ先はディーラーとの価格交渉も頑張っております。これらのディスカウントも当然、皆様へのご提案価格へ反映させていただきます。

現地との綿密な相談による「正確さと速さ」をモットーにしています

海外では仕様・オプション等の位置づけが日本の慣習と異なることも多く、並行輸入では注意が必要です。新車・中古車共にご納得のできる仕様を確実にご納車出来るように、時差を考慮しつつ、仕入れ先とは何度も仕様確認や質問事項をやり取りしており、正確さと速さをモットーに務めております。

輸送について(海上輸送・航空輸送)
欧州各国からの輸送は、基本的にコンテナ船による海上輸送になります。ウィズトレーディングでは輸送時のキズ、錆の発生等のトラブルを防止するためコンテナ詰めの車両輸送が原則。輸送期間は欧州(英国)からの場合で40日前後(経由地等により変動)です。また、昨今では世界的なコンテナ不足の為にコンテナ輸送価格の高騰や、確保が難しくなっております。お客さまへ少しでも早く、安全にお届けする為に車両運搬船(船会社を指定し、安全を重視)を利用する事も御座います。 更には、納期最優先という方には航空便輸送も手配いたします。(コストは相応にかかります。時期により価格が異なるために都度、契約会社への見積もり)輸出手続き終了後、2-3日で日本に到着します。

画像と動画

掲載している情報は記事公開時におけるものです。現在では仕様変更や一部改良、販売価格の変更等が行われている場合があります。公式サイトやカタログ等をご確認いただき、ご不明な点は遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

お電話か下記のフォームから必要事項をご記入いただきお問い合わせ下さい。
通常は2-3営業日でご連絡を差し上げますが、海外とのやり取りが必要な場合等、お時間のかかる案件の場合にはその旨ご連絡いたします。
また、お問い合わせ内容によってはご回答を見合わせていただく場合がありますのでご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

045-594-7854
受付時間:10:00〜19:00
担当:宮崎(ミヤザキ)

メールでのお問い合わせ


    新車・中古車のご相談カスタム・パーツのご相談整備・修理のご相談板金塗装・修理のご相談車検のご相談保険等のご相談その他のご相談

    ※送信ボタンを押すとすぐに送信されます。記入事項にお間違いの無いよう、今一度ご確認ください。


    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and
    Terms of Service apply.

    メルセデスベンツ
    スポンサーリンク
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    最新情報をお届けします。
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入をフォローする
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入