並行輸入 新車|シュコダ ファビア(2021-)に乗る。日本未導入コンパクトの概要・スペック・価格の情報。

シュコダ ファビアシュコダ
シュコダ ファビア

フォルクスワーゲングループ入り直後は、「ジェネリックワーゲン」的なイメージのあったシュコダですが、時を重ねるたびに質感が向上して今やフォルクスワーゲングループのなかでも独自のプレミアム感を感じられるブランドに成長しました。そんなシュコダのベーシックモデルがフルモデルチェンジ。質感向上だけでなく使いやすさを考えて進化しました。
今回はシュコダのコンパクトカー、ファビア(SKODA Fabia)の2021年に欧州でフルモデルチェンジした新型モデルを解説。概要・スペック・価格・並行輸入で乗るための情報を解説します。

現時点(2021年10月)では左ハンドル欧州仕様から販売開始されており、右ハンドル英国仕様は今後発売開始予定とメーカーは発表しています。販売開始され次第、当ページでアナウンス致します

シュコダ ファビアとは

シュコダ ファビア

シュコダ ファビア

ファビアはシュコダのBセグメントクラスのコンパクトカーです。Aセグメントのシティゴー(フォルクスワーゲン Up!の兄弟車)がラインナップから外れたいま、シュコダのボドムレンジを担うモデルとなります。サイズは全長:4,108mm×全幅:1,780mm×全高:1,459 mm(ミラー部分を含まず)と、国産車では日産 ノート オーラやマツダ 2に近いサイズです。幅が少し超える以外は5ナンバーサイズに近いため日本で乗るのに丁度よいコンパクトさです。

初代モデルのデビューは1999年。シュコダがフォルクスワーゲングループ入りして初めてリリースされたフェリシアの後継的なポジションとしてデビュー。プラットフォームを共有する車種にフォルクスワーゲン ポロ、セアト イビザがありこの関係は現在まで続いています。2007年の2代目、2014年の3代目を経て、現在販売されているモデルは4代目は2021年にフルモデルチェンジされました。4代目モデルのトピックのひとつがプラットフォームの刷新。ファビアとしては初となるMQBモジュラープラットフォーム(MQB-A0)を採用し、各所が近代化されました。ボディサイズは旧型モデルと比べて大きくなり、全長は4mを超えましたが、合わせて室内空間も拡大。ホイールベースも拡大され、2,564mmというホイールベースはCセグメントクラスの初代オクタビアを上回るものになりました。旧型モデルに設定されていたスポーティ仕様のモンテカルロは現時点で設定されていませんが、今後追加予定ではないかと現地では言われています。

欧州ではBセグメントで好調な販売実績を上げている一方、日本ではシュコダブランドが展開されていないため、ファビアが正規導入された実績はありません。

シュコダ ファビア コンセプト紹介動画(約40秒)

ココがスゴイ!シュコダ ファビア

シュコダ ファビアを語るうえで外せないポイントが以下の5つです。

  • 従来モデルより正常進化
  • より広くより快適に
  • 空力性能を追求し環境性能や燃費性能向上に貢献
  • シュコダのスローガン「SimplyClever」に則った数々の便利アイテム
  • ワンタンクで900Km以上走れる足の長さ

スタイリングとインテリア

  • 最新のシュコダ車に共通する矩形のラインを融合した彫刻的な造形
  • 空力性能の向上を実現するために設計されたエクステリアパーツ
  • 上級車種に匹敵する上質なインテリア
  • SimplyCleverのコンセプトを具体化したクラスレスなおもてなし

ファビアのエクステリアでまず目に入るのがデザイン。大きめのメッキグリルを中心にシャープでスリムなヘッドラインを繋ぎ、リアに向けてシャープなラインを描きます。リアセクションは最新のLEDテクノロジーを採用したリアランプを含めて楔形のラインを複雑に融合させた彫刻的な造形は最新のシュコダ車に共通するディテールです。これはさながらショートワゴンのミニ・スカーラとも言えそうです。

もう一つのポイントが空力性能の向上。新たに採用されたアクティブクーリングシャッターは、冷間時の暖気を早めて燃焼効率を改善するだけでなく、空気抵抗を減らすことで空力性能を高めます。ほかにも乱気流を抑制するサイドのフィン、ドアミラー、ホイール、空気の流れを考慮したアンダーパネルなどのアイテムを装備。これらはCFD(計算流体力学)を用いて設計されており、Cd値は従来モデルの0.32から0.28に向上。この値はクラス最小記録で、燃費性能向上に貢献しています。

ほかにも頭上の解放感を演出するパノラミックルーフも選択可能

インテリアは最大9.2インチのタッチスクリーンを中心に、シンプルな操作体系を配置したダッシュボードは落ち着いた印象。このインパネのほかファブリックやインテリアパーツなどをカッパーカラーのバイトーンにしたシックなインテリアも選択可能です。従来モデルより大幅に質感が向上しており、メーカーはワンセグメント上級になるオクタビア並みの質感であるとコメントしています。
インテリアのポイントは使い勝手の追求です。それは近年シュコダが掲げるスローガン「SimplyClever」のコンセプトを具体化した便利機能の数々。折りたたみ式の助手席バックレスト、フロントシートバックのスマートフォン収納ポケット、トランク内の折りたたみ式フレキシブルコンパートメント、配線を目立たずドライブレコーダーに電源供給するバックミラーUSBアウトレット、上級車種にも採用されるドアパネルに内蔵される専用傘やリアエアコンアウトレットなど日常生活を快適にする43の実用的なアイテムが装備されており、クラスレスなおもてなしを提供します。

ほかにもデジタル面でも進化し、ファビアのロゴが入る10.25インチのフルデジタルメーターとスマートフォン接続(AppleCarPlay/AndroidAuto)対応のインフォテイメントシステムが選択可能で、これらは一見3スポークに見える印象的なデザインのマルチファンクションステアリングで操作可能です。

搭載されるエンジンと燃費

パワーユニットは、ガソリンのみ設定。

  • ガソリン
    1.0L 直3 自然吸気 MPI 65PS (48kw)/93Nm
    1.0L 直3 自然吸気 MPI 80PS (59kw)/93Nm
    1.0L 直3 ターボ TSI 95PS (70kw)/175Nm
    1.0L 直3 ターボ TSI 110PS (81kw)/200Nm

現時点のファビアに設定されるのは、全てガソリン直3 1.0Lユニットで自然吸気のMPIとターボのTSIが設定されます。

MPIユニットはピストンを含むクランクシャフトアッセンブリーの最適化とフリクション低減、エキゾーストマニホールドを再設計することで旧型モデルよりも出力と燃費性能の向上を実現しています。TSIユニットはフォルクスワーゲングループ内の多くのモデルに採用される最新のダウンサイジングターボユニット。シリンダーライナーにプラズマコーティングを施すことでこちらもフリクションの低減のほか、可変ジオメトリーターボを採用することで燃費性能向上とCO2削減を実現。燃費性能は最もハイパワーなTSIの110PS仕様で21.7km/Lでワンタンクで900キロ以上走れる足の長さ。環境性能は全てのユニットで最新のEuro-6D-ISC-FCMをパスしています。

駆動方式はFF、トランスミッションは5速MTを中心に、ハイパワーのTSI 110PS仕様に6速MTと、2ペダルデュアルクラッチトランスミッションのパドルシフト付き7速DSGが設定されています。

走行性能とハンドリング

サスペンションはフロント:マクファーソン・ストラット、リア:トーションビームを採用。今回のフルモデルチェンジでは最新のモジュラープラットフォームを採用することで、高い剛性感を得て走りの質感も向上。クラスレスなグランドツーリング性能を手に入れています。

高剛性の最新のモジュラープラットフォームを採用し走りの質感も向上

高剛性の最新のモジュラープラットフォームを採用し走りの質感も向上

先進機能としてオプションで提供されるトラベルアシストは、アダプティブクルーズコントロールと連携してボタンひとつで操舵を自動的にサポートするシステムを採用。ほかにも安全面の装備として歩行者および自転車検出機能を備えた衝突被害軽減ブレーキや、パークアシストなどが新たに採用されました。

サイズとスペック


●寸法・重量
【全長×全幅×全高】4,108×1,780×1,459 mm(ミラー部分を含まず)
【ホイールベース】2,564mm 【トレッド】前/後:1,525 / 1,509mm
【車両重量 1,187kg
●エンジン
【構成】水冷直列3気筒ターボ DOHC12V フロント横置き 気筒休止機構付
【総排気量】999cc 【直径×内径】 -×-mm 【圧縮比】-:1
【最高出力】110ps(81kw)/5500rpm 【最大トルク】200Nm/2000-3000rpm
【燃料容量】40L
●駆動系
【駆動方式】FF 【トランスミッション】7DSG
【サスペンション】(前)マクファーソンストラット / (後)トーションビーム
【ブレーキ】(前)ベンチレーテッドディスク / (後)ドラム
【タイヤ】(前後)185/65R15
●パフォーマンス
【最高速度】193km/h 【0-100km/h加速】9.9秒
【燃費】約21.7km/L(新欧州複合基準)【価格】欧州仕様 2021モデル:€25,470

歴史とトリビア

シュコダ ファビア関連の歴史とトリビアを簡単にご紹介します。

  • フォルクスワーゲングループ入りして初の車種 フェリシアの後継
  • 初代登場から世界で450万台以上のセールスを記録
  • ファビア初のMQB-P0プラットフォームを採用
  • 2,564 mmのホイールベースは初代オクタビアを上回る長さ
  • 従来モデルにあったモンテカルロ仕様は現時点で設定なし

ライバル

欧州Bセグメントはワンクラス上のCセグメント同様、各社が力を込めたコンパクトを投入する競争が熾烈な市場であり、グループ内の兄弟車以外にも多くのライバルが存在します。そのなかでもトヨタ ヤリスやプジョー 208が近しいライバルと言えそうです。

並行輸入するなら。オススメのグレードと価格情報

歴代モデルはどれも好調なセールス実績を上げているファビアですが、シュコダブランドが日本で展開されていないことや、プラットフォームを共有するフォルクスワーゲン ポロやアウディ A1が日本で導入されており、競合を懸念するとファビアが今後も日本市場に正規導入される可能性は残念なながら低そうです。そのため、新型ファビアをいち早く確実に手を入れるなら並行輸入が確実な方法です。
ファビアのグレード構成は以下の通りです。現時点で新型モデルは左ハンドル欧州仕様からの展開されており、今後右ハンドルの英国市場にも追加予定のようです。

グレード構成(左ハンドル欧州仕様)

  • EASY
    15インチスチールホイール+フルホイールキャップ、レーンキープアシスト、SkodaConnect、4スピーカー、USBポート×2などが装備(エアコンは設定なし)
  • ACTIVE
    (EASYに対して)LEDヘッドライト、ボディ同色電動式ヒーテッドドアミラー、マニュアルエアコン、ドア/リアサイドトリムなどが装備
  • AMBITION
    (ACTIVEに対して)SmartLink(AppleCarPlay/AndroidAuto対応)、Bluetoothハンズフリー、高さ調整可能なフロントシート、マルチファンクションレザーステアリング、6スピーカー、クルーズコントロールなどが装備
  • STYLE
    (AMBITIONに対して)15インチアルミホイール、ヒーターつきフロントコンフォートシート、フロントセンターアームレスト、フロント/リアパワーウィンドウ、キーレス、リアパーキングセンサーなどが装備

新型に進化したファビアですが、そのなかでもおすすめは、左ハンドルのSTYLEにガソリンターボTSIのなかで最も高出力な110PS仕様に2ペダル 7速DSGの組み合わせ。ファビアのなかでもアルミホイールなどを標準装備し、落ち着いたバイトーンカラーのインテリアも選択できるSTYLEグレードは、従来モデルから大きく質感が上がった新型ファビアの良さを最も味わえるチョイスです。日本にも導入される同じグループ内のポロやA1ともひと味違う、質感だけでなく使い勝手も考えられた「SimplyClever」なコンパクトを選んでみませんか?

  • シュコダ ファビア STYLE 1.0 TSI 81kW 7DSG(左ハンドル欧州仕様)
  • シュコダ ファビア ACTIVE 1.0 MPI 48kW 5Manual(左ハンドル欧州仕様)
質感だけでなく使い勝手も考えられた「SimplyClever」なコンパクトを選んでみませんか?

質感だけでなく使い勝手も考えられた「SimplyClever」なコンパクトを選んでみませんか?

ほかにもベーシックグレードやMTの仕様なども並行輸入可能です。現時点で販売されていない右ハンドル英国仕様ご希望するお客様も発売開始次第並行輸入できますので、お気軽にお問い合わせください。

シュコダ ファビアを並行輸入した場合の国内乗り出し価格例
(€1=130円時・現地値引き交渉前)
シュコダ ファビア STYLE 1.0 TSI 81kW 7DSG(左ハンドル欧州仕様)
現地値引き交渉前価格:€25,470)\4,888,000
シュコダ ファビア ACTIVE 1.0 MPI 48kW 5Manual(左ハンドル欧州仕様)
現地値引き交渉前価格:€16,540)\3,557,000

英国仕様右ハンドル車を横浜近郊に納車した場合の乗出し価格(2年保証付)例です。
オプション装備、有償カラー料金、他地域への納車費用は別途となります。
特殊な地域以外は全国納車対応いたします。
右ハンドル・左ハンドル対応!
ウィズトレーディングでは英国(イギリス)をはじめドイツ、フランス、ベルギー他、欧州数か国に対応できるサプライヤーと協力体制を敷いています。英国仕様の右ハンドル車、その他欧州仕様の左ハンドル車もご用意できます。

掲載価格について(為替差益、現地ディスカウント還元!)

※ウィズトレーディングでは参考乗り出し価格例として新車、中古車は掲載時の為替レートで表記しておりますが、お見積り等はご依頼時点の為替レートを適用、差益分があれば還元させていただきます。

また、欧州各国の仕入れ先はディーラーとの価格交渉も頑張っております。これらのディスカウントも当然、皆様へのご提案価格へ反映させていただきます。

現地との綿密な相談による「正確さと速さ」をモットーにしています

海外では仕様・オプション等の位置づけが日本の慣習と異なることも多く、並行輸入では注意が必要です。新車・中古車共にご納得のできる仕様を確実にご納車出来るように、時差を考慮しつつ、仕入れ先とは何度も仕様確認や質問事項をやり取りしており、正確さと速さをモットーに務めております。

画像と動画

掲載している情報は記事公開時におけるものです。現在では仕様変更や一部改良、販売価格の変更等が行われている場合があります。公式サイトやカタログ等をご確認いただき、ご不明な点は遠慮なくご相談ください。

お問い合わせ

お電話か下記のフォームから必要事項をご記入いただきお問い合わせ下さい。
通常は2-3営業日でご連絡を差し上げますが、海外とのやり取りが必要な場合等、お時間のかかる案件の場合にはその旨ご連絡いたします。
また、お問い合わせ内容によってはご回答を見合わせていただく場合がありますのでご了承ください。

お電話でのお問い合わせ

045-594-7854
受付時間:10:00〜19:00
担当:宮崎(ミヤザキ)

メールでのお問い合わせ


    新車・中古車のご相談カスタム・パーツのご相談整備・修理のご相談板金塗装・修理のご相談車検のご相談保険等のご相談その他のご相談

    ※送信ボタンを押すとすぐに送信されます。記入事項にお間違いの無いよう、今一度ご確認ください。


    This site is protected by reCAPTCHA and the Google
    Privacy Policy and
    Terms of Service apply.

    シュコダ
    スポンサーリンク
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    最新情報をお届けします。
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入をフォローする
    ウィズカーズ|新横浜 欧州車の並行輸入