並行輸入 新車|新型プジョー パルトネール バン/パートナー バン(2018-)に乗る。日本未導入商用車の概要・スペック・価格情報。

プジョー パルトネール プジョー
プジョー パルトネール

今回は、フランス・プジョーのLCV(小型商用車)、新型プジョー パルトネール バン/パートナー バン(PEUGEOT Partner Van、以下パルトネール バン)を解説。2018年にフルモデルチェンジした最新モデルの概要・スペック・価格等、並行輸入で乗るための情報をご紹介します。

シトロエン 新型C4 カクタス、新古車 台数限定 特価販売!シトロエン C4 カクタス、新古車 台数限定 特価販売!最上級仕様が今だけ!乗出し360万円~

プジョー パルトネールとは

プジョー パルトネール(LONG仕様)

プジョー パルトネール(LONG仕様)

日本の商用バンとは一味違う欧州LCV。各社魅力的なモデルをラインナップしており、欧州では活気のある市場と言えます。そのなかでプジョーがリリースするLCVのひとつが今回紹介するパルトネール バンです。

初代モデルは1996年、兄弟車シトロエン ベルランゴと多くを共有するモデルとしてデビューしました。現在販売されているモデルは3代目で2018年のジュネーブショーでデビュー。このフルモデルチェンジでパルトネールはバン仕様のみとなり、乗用版はリフター(Rifter)として独立し、オペル/ボクスホールを傘下に収めたことでコンボも兄弟車となっています。

ボディサイズは、全長:4,403mm×全幅:1,848mm×全高:1,840mm(STANDARD仕様)。国産車の場合、日産 NV200とほぼ近いサイズで、トヨタ ハイエースや日産 NV350キャラバンよりは小さく、トヨタ タウンエース/ライトエースよりは少し大きい、日本でも使い勝手の良いサイズと言えるでしょう。

ココがスゴイ!プジョー パルトネール バン

プジョー パルトネールを語るうえで外せないポイントが以下の5つです。

  • ボディタイプは2種類を用意
  • プロフェッショナルも納得の機能性
  • 新世代BlueHDiディーゼルを新設定
  • バンとしてのタフさも第一級
  • 2019年のインターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤーを受賞
2種類のボディタイプ:パルトネール バンのボディタイプは、兄弟車のシトロエン ベルランゴ バンと同じく、ホイールベースによって2種類(全長:4,403mmのSTANDARDと4,753mmのLONG)をラインナップ
インターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤー:欧州で市販される最も優れたバンに贈られる賞。2019年はパルトネールをはじめとするPSAの兄弟モデルが受賞。国産車も2010年に日産 NV200バネットが受賞した実績がある

プジョー パルトネール バン 機能性紹介動画(約1分30秒)
https://www.youtube.com/watch?v=HNGH8vBdSXk

スタイリングとインテリア

プジョー パルトネール(リア)

プジョー パルトネール(リア)

  • 508や新型208に通じる近代プジョーのテイストのデザイン
  • 悪路でも大丈夫なアンダーボディプロテクション
  • ボディーカラーは豊富な全6色
  • プジョーの新世代インテリアi-COCKPITを商用車にも展開
  • 長時間でも疲れず、機能性が高いコンフォートシート
  • ISO規格に準拠した強固なバルクヘッドを設定

デザインは、兄弟車と部品の共用をしつつも、プジョーのモデルであることがしっかりと分かるエッセンスが盛り込まれています。ライオンが牙を剥いたようなシャープな切れ込みが印象的なヘッドランプや、力強い主張をする立体的なフロントグリルなど、日本にも導入が始まった508や、2019年に発表されたばかりの新型208を彷彿させる近代プジョーのデザインテイストに沿ったものです。

一部グレードには悪路走行時に下回りを保護するアンダーボディプロテクションを装備。バンならではのヘビーデューティーな場面でもしっかり走れます。これは以前からアフリカ市場に強いプジョーのノウハウが生かされていると言えるでしょう。

バックドアには狭い場所でも荷物の出し入れがしやすい観音開きが設定

インテリアはエクステリア同様、インパネに最近プジョーが採用する「i-COCKPIT」を商用車にも展開。インフォテントシステムとの親和性も高さも魅力のひとつです。

シートはファブリック仕様の1種類だけですが、掛け心地がよく、長時間乗車するドライバーの負担を最小限に抑えます。そのなかでもポイントはバン専用装備の「Multi-Flex modular folding bench seat」。

これはフロント3人掛けのシートに対して助手席側のベンチシートが可倒式になっているもの。助手席端のシートを畳めば長尺物を積めたり、中央シートを畳めばノートパソコンやタブレットが使用できるテーブルにも変化。さらにシートを持ち上げるとシート下には小物入れが用意されており、プロフェッショナルも納得のユーティリティ性を備えています。

バルクヘッドはISO規格に則った強固なものを設定。ドライバーをしっかり守ります。

バルクヘッド:荷室と乗員空間を隔てる壁のこと。衝突時に乗員空間に荷物が入ってくるのを防ぐ役割があり、欧州LCVでは必須の装備

搭載されるエンジン、燃費とボディタイプ、グレード

STANDARDとLONG、2つのボディタイプを用意

STANDARDとLONG、2つのボディタイプを用意

パルトネール バンに搭載されるエンジンはディーゼルのみの設定

  • ディーゼル
    1.6L 直4ターボ BlueHDi75 75PS(55kw) /230Nm 5MT
    1.6L 直4ターボ BlueHDi100 99PS(73kw) /254Nm 5MT
    1.5L 直4ターボ BlueHDi130 131PS(96kw) /300Nm 6MT/EAT8

排気量やチューニングによって3種類設定されるBlueHDiディーゼルの中でも、注目は1.5LのBlueHDi130。これは最近日本にも308や508で正規導入が始まった新世代のBlueHDiです。フォードとも共有するこのユニットは、ハイパワーと高い環境性能を両立しており高い評価を得ています。

トランスミッションは、5速MTを基本にし、BlueHDi130には6速MTと2ペダルのEAT8が設定されています。EAT8は最近のPSAグループ各車に採用されている日本のアイシン・エー・ダブリュー製ユニット。トルクコンバーター式ならではの滑らかな変速が評判です。

燃費は荷物の積載量や使用状況により大きく変わると思いますが、BlueHDi130の標準仕様で約22.7~23.2km/L(欧州複合基準)という数値が示されています。

ほかにも悪路走行時の走破性を上げるアドバンスド・グリップ・コントロールも選択可能です。

ボディタイプ、グレード構成

ボディタイプは、標準ホイールベースのSTANDARDと、ロングホイールベースのLONGが設定されており、リアウィンドウがスチールとなるパネルバンです。

グレードは簡易なものから「S」、「Grip(アドバンスド・グリップ・コントロール標準装備)」、「Proffesional(ややヘビーデューティで多仕様)」、「Asphalt(最上級仕様)」の4グレード。SとGripはエアコンがオプションですので、現実的な選択肢は上位のProffesionalかAsphaltになるでしょう。

エンジン・ミッションとボディサイズ、グレード構成の展開は次のようになります。次項と合わせてご覧ください。数値は最大積載量(kg)です。

STANDARD LONG
BlueHDi75 5MT S 650
Grip 1000
Proffesional 650
BlueHDi100 5MT Grip 1000
Proffesional 1000
Asphalt 1000
S 950
Grip 950
Proffesional 950
BlueHDi130 6MT Proffesional 1000
Asphalt 1000
Proffesional 950
Asphalt 950
BlueHDi130 EAT6 Proffesional 1000
Asphalt 1000
Asphalt 950

積載量と荷室空間

  • このクラスで驚異の1,000kg積みも可能な積載性能
  • ユーロパレット軽々飲み込む荷室空間
  • 最適な積載量を通知する過負荷インジゲーターを設定

パルトネール バンの積載性のトピックとしてまず挙げるのは最大積載量です。最も多いモデルで1,000kgという性能は、ボディサイズが近い日産NV200(600kg)より大きく上回り、ボディサイズが大きいトヨタ ハイエースや日産 NV350バネットのロングに匹敵します。

荷室空間は幅:1,550mm(ホイールアーチ間隔:1,229mm)×長さ1,817mm(LONGは2,167mm)×高さ1,236mm(LONGは1,243mm)と大容量。欧州で一般的なユーロパレットを軽々積み込めます。

さらにフロントのMulti-Flex modular folding bench seat装着車は、助手席をた畳むことにより、最大3,090mm(LONGは3,440mm)もの長尺物も積載可能です。

Multi-Flex modular folding bench seatを畳めば長尺物も積載可能

Multi-Flex modular folding bench seatを畳めば長尺物も積載可能

コンパクトなボディサイズで多くの荷物を積み込めるパルトネール バンですが、今回のモデルチェンジで新たに過負荷インジゲーターを装備しました。前後の荷重量を検知して、荷室とインパネ内のインジゲーターで通知し過積載を防ぎます。

歴史とトリビア

プジョー パルトネール バン関連の歴史とトリビアを簡単にご紹介します。

  • 初代モデルも1997年のインターナショナル・バン・オブ・ザ・イヤーを受賞
  • 歴代モデルはどれも10年近く販売されたベストセラー
  • 兄弟車はシトロエンベルランゴのほかに、PSAグループ入りしたオペルコンボも追加

ライバル

ライバルには、兄弟車となるシトロエン ベルランゴ バン、オペル/ボクスホール コンボ バンのほかに、欧州LCVとして各メーカーがラインナップしていますが、パワートレインを含む設計年次の新しさなどを考えると、PSAの兄弟車が頭一つ抜けている印象があります。

しかし気になるのがルノー カングー。現行モデルは既に販売終了して、間もなくフルモデルチェンジと言われています。そこで出てくるカングーのバン仕様が目下ライバルとして最もふさわしいと言えるでしょう。

  • シトロエン ベルランゴ バン
  • オペル コンボ バン
  • フォルクスワーゲン キャディ
  • フォード トランジット コネクト
  • 日産 NV200
  • ルノー カングー バン

パルトネール バンを日本で乗るなら並行輸入

パルトネールはバンも乗用モデルも今まで日本市場に正規で導入された実績はありません。そのためパルトネール バンを手に入れるには、今のところ並行輸入が現実的な選択肢です。

商用車の価格表示について

商用モデルはお客様のご要望がそれぞれ異なること、メーカーの仕様・オプション等が多岐にわたるため、サンプルの価格をご提示していません。個別にご相談の上でお見積りを差し上げます。

カタログ等の仕様表記も複雑なものが多いので、ご不明な点はお気軽にご相談ください。
特にルノー トラフィック、VW T6、PSAグループのモデル、フォード トランジット等は過去に何度もお見積りさせていただいていますので、詳しくご説明できると思います。


右ハンドル・左ハンドル対応!
ウィズトレーディングでは英国(イギリス)をはじめドイツ、フランス、ベルギー他、欧州数か国に対応できるサプライヤーと協力体制を敷いています。英国仕様の右ハンドル車、その他欧州仕様の左ハンドル車もご用意できます。

ディーゼル車をご希望の方へ

参考乗出し価格が掲載されていない場合には、別途お見積りいたしますのでお問合せ下さい。

なお、ディーゼル車を取り巻く環境は年々厳しくなっています。ディーゼルエンジン搭載車をご希望の場合には以下の記事もご覧ください。

画像と動画

ベルランゴ・リフター 関連記事

新車情報

3台限定 特価販売!並行輸入 新車|新型プジョー リフター GT-Line(2018-)1.2L Puretech 6MTに乗りませんか?
新型プジョー リフター GT-Lineのガソリンターボ、6MT仕様の並行輸入・新車を対象に、3台限定の特価販売を実施します。最上級仕様のGT-Line、カラーは無料で全色選べます。日本でも扱いやすい英国仕様右ハンドル車。
並行輸入 新車|新型シトロエン ベルランゴ(2018-)に乗る。日本未導入MPVの概要・スペック・価格情報。
2018年にフルモデルチェンジしたLCVベースのMPV、日本未導入の新型シトロエン ベルランゴ(Citroen Berlingo 2018-)について、概要・スペック・価格等、日本で乗るための並行輸入情報をご紹介。
並行輸入 新車|プジョー リフター(2018-)に乗る。日本未導入のMPVモデルの概要・スペック・価格の情報。
日本未導入の新型MPV、プジョー リフター(PEUGEOT Rifter)を解説。SUV要素を盛り込んだMPVモデルの概要・スペック・価格、並行輸入で乗るための情報をご紹介します。
並行輸入 新車|新型シトロエン ベルランゴ バン(2018-)に乗る。日本未導入商用車の概要・スペック・価格情報。
2018年にフルモデルチェンジしたシトロエンのLCV(小型商用車)、新型シトロエン ベルランゴバン(CITROEN Berlingo Van)を解説。概要・スペック・価格等、並行輸入で乗るための情報をご紹介。
並行輸入 新車|新型プジョー パルトネール バン/パートナー バン(2018-)に乗る。日本未導入商用車の概要・スペック・価格情報。
2018年にフルモデルチェンジしたプジョーのLCV(小型商用車)、新型プジョー パルトネール バン/パートナー バン(PEUGEOT Partner Van)を解説。概要・スペック・価格等、並行輸入で乗るための情報をご紹介。

中古車情報(売約済みのものも含みます)

オススメ並行輸入車・認定新古車|シトロエン ベルランゴ バン(商用)ドライバー 1000kg 1.2L PureTech110 6MT 右ハンドル
シトロエンのLCV(小型商用車)、新型ベルランゴの新古車のご紹介。1000kgの積載荷重対応車、扱い易い標準ボディのM、6MT、右ハンドル。定評ある1.2Lターボ PureTech 110(ガソリン、110ps/250Nm)を搭載。
オススメ並行輸入車・認定新古車|シトロエン ベルランゴ M フレイア 1.2L PureTech110 6MT 右ハンドル
シトロエンのMPV、新型ベルランゴの極上新古車(並行輸入)のご紹介。扱い易い標準ボディのM、6MT、右ハンドル。定評ある1.2Lターボ PureTech 110(ガソリン、110ps/250Nm)を搭載。
オススメ並行輸入車・認定新古車|シトロエン ベルランゴ M シャイン 1.2 PureTech110 6MT 左ハンドル
シトロエンのMPV、新型ベルランゴの認定新古車(並行輸入)のご紹介。扱い易い標準ボディのM、6MT、左ハンドル。定評ある1.2Lターボ PureTech 110(ガソリン、110ps/250Nm)を搭載、珍しい赤のボディ、HUD付。
オススメ並行輸入車・認定新古車・極上中古車|シトロエン ベルランゴ XL フレイア/シャイン 7シーター 6MT 右ハンドル/左ハンドル
シトロエンのMPV、新型ベルランゴ XLのディーラー在庫新古車と極上認定中古車(並行輸入)のご紹介。積載性重視のロングボディXL、7シーター、6MT、右ハンドルと左ハンドル。定評ある1.2Lターボ PureTech 110(ガソリン、110ps/250Nm)を搭載。
オススメ並行輸入車・認定極上中古車|プジョー リフター アリュール 1.2L Puretech110 5ドア 6MT
プジョー リフター アリュール 1.2L Puretech110 5ドア 6MT、走行約2200kmの極上認定中古車(並行輸入)のご紹介。日本未導入の最新コンパクトミニバン、プジョー リフターのガソリン仕様、右ハンドル車。国産ミニバンでは納得できない、人とは違った一台をお求めの方にオススメ。
オススメ並行輸入車・中古車|シトロエン ベルランゴ M フレイア
シトロエンのMPV、ベルランゴの極上中古車(並行輸入)のご紹介。扱い易い標準ボディのM、6MT、右ハンドル。定評ある1.2Lターボ PureTech 110(ガソリン、110ps/250Nm)を搭載、明るくPOPなアクアグリーンに合わせたインテリアも魅力。
オススメ並行輸入車・認定中古車|プジョー パルトネール ティピー アウトドア 1.2 PureTech 5MT
プジョー パルトネール ティピー アウトドア 1.2 PureTech 5MT の認定中古車(並行輸入)のご紹介。いかにも欧州製商用車を思わせるフルゴネットタイプの愛らしいスタイルは、姉妹車シトロエン ベルランゴと共に、国内でも根強いファンがいます。アンチ カングー派の最右翼といえる存在。